このイベントは終了しました。

キッザニア甲子園 Nintendo Laboを活用した『ゲーム会社』パビリオン7月オープン 西宮市

ゲームクリエイターとして新しいコントローラーを開発

 こどもの職業・社会体験施設「キッザニア甲子園」(西宮市)に、任天堂がオフィシャルスポンサーとしてNintendo Laboを活用したパビリオンが7月12日オープンする。

 体験内容は、ゲーム会社で働くゲームクリエイターとして、Nintendo Laboを活用し、ゲームを遊ぶための新しいコントローラー“Toy-Con”(トイコン)を開発。子どもたちは、Nintendo Switchに搭載されたJoy-Conというコントローラーの仕組みについて学習した後、ほうき、ヘルメットなど身の回りにあるアイテムと組み合わせて、ジャイロセンサーを活用した新しいゲーム操作方法を考えるという。自分で考えたオリジナルのコントローラーとプログラムを組み合わせ、テストプレイを通じ、ゲームクリエイターとしての発想力やチャレンジすることの大切さを学ぶ。

オープン日
2019年7月12日(金)第二部16:00~21:00
場所
キッザニア甲子園
(西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園)
GoogleMapで探す
アクティビティ概要
職業名:ゲームクリエイター
定員:6人/1回
対象年齢:3歳~15歳
所要時間:約40分/1 回
給料:8キッゾ

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む