このイベントは終了しました。

2019年5月25日(土)~7月28日(日)

西宮市大谷記念美術館『生誕120年 山沢栄子 私の現代』 西宮市

What I am doingNo.78 1986 大阪中之島美術館
What I am doing No.24 1982/プリント1986 大阪中之島美術館
アブストラクト青と赤 1960 写真集『遠近』(1962)より

写真集やポートレートなど約140点を展示

 西宮市大谷記念美術館(西宮市)で5月25日から7月28日まで『生誕120年 山沢栄子 私の現代』が開催される。

 山沢栄子は1899年大阪に生まれ、1920年代のアメリカで写真を学び、1930年代から半世紀以上にわたり、日本における女性写真家の草分けとして活躍。当初はポートレートの撮影を主な仕事としていたが、晩年の1980年代には抽象絵画のような写真作品を制作する芸術家として知られている。

 生誕120年を記念した同展では、1970から80年代に手がけたカラーとモノクロによる抽象写真シリーズを中心に、抽象表現の原点を示す1960年代の写真集、戦前の活動を伝えるポートレートや関連資料など約140点を展示し、山沢の歩みを辿る。

 また会期中には、講演会やセルフ・ポートレートのワークショップ、ギャラリートークといった関連イベントも行われる。
講演会「未来は未知数 〜50歳を超えたら30年ひと仕事、『私の現代』を創る」
開催日時 6月2日(日)14:00~
参加費 無料(別途要入館料)
定員 100人(小学生上)
講師 畑祥雄(写真家、大阪国際メディア図書館館長)
申し込み方法 4月25日(木)午前9時より電話(0798-33-0164)で受付開始(先着順)

講演会「山沢栄子の生きた時代 〜近代女性美術家の創生期・戦前から戦後の前衛まで」
開催日時 7月28日(日)14:00~
参加費 無料(別途要入館料)
定員 100人(小学生上)
講師 小勝禮子(美術史家、元栃木県立美術館学芸課長)
申し込み方法 5月30日(木)午前9時より電話(0798-33-0164)で受付開始(先着順)

ワークショップ「心の内面を見つめるセルフ・ポートレート」
開催日 6月30日(日)
時間 11:00~14:00(所要時間約20分)
参加費 無料(別途要入館料)
定員 15人程度(10歳以上)
申し込み 不要(当日整理券配布)
※1人ずつ体験するワークショップ

※そのほかのイベント詳細は公式サイトにて確認
開催期間2019年5月25日(土)~7月28日(日)
時間10:00~17:00(入館は16:30)
観覧料一般800(600)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
※()内は前売・20名以上の団体料金(いずれも税込価格)
場所西宮市大谷記念美術館
(西宮市中浜町4-38)
GoogleMapで探す
問い合わせ西宮市大谷記念美術館
TEL 0798-33-0164

掲載日:2019/5/3 00:00
Kiss PRESS編集部:徳岡



Page Top