このイベントは終了しました。

『六甲山のキノコ展2019』三田市

約700点の標本や、匂い体験コーナーなど

 兵庫県立人と自然の博物館(三田市)で『六甲山のキノコ展2019』が開催中。5月31日まで。

 同展は、兵庫県立御影高等学校の環境科学部を中心として、 兵庫きのこ研究会および同館が共同で開催。多数のキノコ標本と写真を用いて、六甲山のキノコの多様性を展示、今年で11回目を迎え、研究や標本収集を重ねているため、毎年少しずつ研究成果などが追加されているという。
 
 期間中は、六甲山系・再度公園にて平成20(2008)年から30(2018)年に採集され、特殊処理された含浸標本や樹脂封入標本について、約600種類約700点を展示。また、同山で特徴的なキノコの匂い体験コーナーに加え、野外で撮影された100点のキノコ生態写真もパネル展示されている。

日程
2019年2月11日(月・祝)~5月31日(金)
場所
兵庫県立人と自然の博物館 2階ひとはく多様性フロア 企画展示室
(三田市弥生が丘6丁目)
GoogleMapで探す
開館時間
10:00~17:00
休館日
月曜
観覧料
大人200円、大学生150円、70歳以上100円、高校生以下無料
問い合わせ
兵庫県立人と自然の博物館
TEL 079-559-2001

この記事
をシェア

Kiss PRESS編集部:伊吹

続きを読む