このイベントは終了しました。

2019年4月20日(土)〜6月16日(日)※月曜休館(GWを除く)

姫路市立美術館『チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい』

世界は暗闇から生まれるが、それでもやさしくうつくしい
Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる
永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども、共に生きる
世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う

アート空間で「今、ここ」でしか体験できないを

 姫路市立美術館では4月20日より、アートコレクティブ「チームラボ」による展覧会『世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい』が開催される。6月16日まで。

 本展では、チームラボが人々を作品の一部とし、人々と世界との関係性をより連続的なものに変えることを表現したプロジェクション作品を展示。会場には、来場者が文字に近づくとその文字がもつ世界が表れる「世界は暗闇から生まれるが、それでもやさしくうつくしい」、展示空間内で一筆書きのように全て繋がっている波によるインスタレーション「Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる」、1年を通して移り変わる花々を描いた「永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども、共に生きる」というアーティスト自らが厳選した3作品が映し出される。

 そのほか、チームラボの美術表現の原理を体現するモニター作品として、繊細な線で描かれた升目画の世界と升目ごとに抽象化された世界が、鑑賞者の存在によって入り混じるインタラクティブ作品「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」も展示。それらの作品は観る者を没入させ、作品と作品、自己と他者の境界が曖昧になる体験を創出するという。前売り券は3月8日より各プレイガイドで販売される。
期間2019年4月20日(土)〜6月16日(日)
時間10:00~17:00(最終入場 16:30)
※4月27日(土)~5月6日(月)は18:00まで(最終入場 17:30)
場所姫路市立美術館 企画展示室
(姫路市本町68-25)
GoogleMapで探す
料金一般 1,400(1,200)円、大高生 1,000(800)円
中小生 600(400)円 、未就学児無料
※( )内は前売料金、20人以上の団体料金
休館日月曜日
※4月29日(月)5月6日(月)は開館
前売券販売期間 3月8日(金)~4月19日(金)

チケットぴあ(Pコード: 992-130)
ローソンチケット(Lコード: 53564)
そのほか主要プレイガイド
コンビニエンスストア
※姫路市立美術館では当日券のみ販売
問い合わせ姫路市立美術館
TEL 079-222-2288

掲載日:2019/2/26 16:01
Kiss PRESS編集部:木下



Page Top