このイベントは終了しました。

2019年3月21日(木・祝)~31日(日)

『丹波かいばら雛めぐり』丹波市

江戸時代からの様々なひな人形の展示や庭園特別公開、クラフト体験など

 丹波市柏原町で、3月21日から31日まで街全体が雛づくしになる『丹波かいばら雛めぐり』が開催される。

 織田信長の弟・織田信包が1598年(慶長3年)に所領を与えられて以来、織田家の城下町として栄えたという同地域には、代々受け継がれてきた古雛をはじめ、 稲畑人形という土人形などが数多く残されている。

 期間中は、各地区の自治会や商店街の有志により作成された「つるし雛」の展示や、柏原藩邸で織田家・鶴姫愛用の「御所人形」や、丹波の伝統工芸品「稲畑人形」など江戸時代からの様々なひな人形の展示が行われる。また、普段は見ることが出来ない池旋回遊式庭園「一青堂庭園」などの特別公開や、3歳から7歳用の写真撮影コーナー「ハレの日の思い出写真館」(24日のみ)を実施。そのほか、アイシングクッキーやハーバリウム作りなどのワークショップの催しや(日時要確認)、同地域の名所と名店を行く「城下町の名店食べ歩きツアー」、「まちなかスイーツめぐり」といったツアーも行われる。
日程2019年3月21日(木・祝)~3月31日(日)
時間10:00~16:00
場所丹波市柏原町内、新井ふれあいセンター
GoogleMapで探す
問い合わせ柏原自治協議会
TEL 0795-73-0198

掲載日:2019/2/9 16:00
Kiss PRESS編集部:伊吹



Page Top