このイベントは終了しました。

2019年1月12日(土)

兵庫県立丹波年輪の里『木・風・音 木の心地よさを感じる研修会』丹波市

珍しい木製の楽器が奏でる音を楽しむ

 兵庫県立丹波年輪の里(丹波市)で、1月12日『木の心地よさを感じる研修会』が開催される。

 同イベントは、木工作家・小泉匡さんを講師に迎え、木工の道を進むきっかけとなった体験記をフィルム記録映像を交えながら語る「おはなし」と、「演奏会」の2部構成。演奏会では、中世の木管楽器「フラウト・トラヴェルソ」や、ギターの様な形をした弦楽器「リュート」、木製の「ルネサンスリコーダー」といった珍しい楽器を使用し演奏される。担当者は、「木の特徴であるやわらかさや安らぎといった、木材を主材料とした楽器が奏でる音楽の心地よさをお届けします」と、語っている。
日程2019年1月12日(土)
時間開場 12:30
開演 13:00
終演 14:30
場所丹波年輪の里 木の館(研修室A)
(丹波市柏原町田路102-3)
GoogleMapで探す
参加費無料
定員25人
申込・問い合わせ丹波年輪の里 木の館(林産指導課)
TEL 0795-73-0725

掲載日:2018/12/31 16:00
Kiss PRESS編集部:伊吹



Page Top