このイベントは終了しました。

2019年1月12日(土)~14日(月・祝)

『神戸クラシックコメディ映画祭2019』神戸市

『腰抜け二刀流』(C)国際放映
『花嫁人形』

レトロな映画で初笑い

 映画フィルムや書籍、ポスターなどを収集、保存、公開など行っている神戸映画資料館(神戸市長田区)などで、1月12日から14日に『神戸クラシックコメディ映画祭2019』が開催される。

 同イベントでは、ドイツ出身の映画監督・ルビッチの喜劇『花嫁人形』や、1950年に製作された森繁久弥初主演のミュージカル喜劇『腰抜け二刀流』、2017年に91歳で世を去った喜劇王・ ジェリー・ルイスとディーン・マーティンのコンビの日本未公開の貴重な作品『マイ・フレンド・アーマ』、アメリカのコメディアン・チャーリー・チェイスの作品特集といった東西のコメディ映画を公開。また、アニメーション作家・顔ジャワ(清本一毅さん)の毒があって不思議に可愛い2作品を前座として上映する。なお、サイレント映画のプログラムは生演奏付きで上映される。
日時2019年1月12日(土)13:00~、13日(日)13:30~、14日(月・祝)13:30~
※上映時間はこちら
※上映作品はこちら
場所神戸映画資料館(12日、14日)
(神戸市長田区腕塚町5丁目5番1 アスタくにづか1番館北棟2階)
GoogleMapで探す

旧グッゲンハイム邸(13日)
(神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17)
GoogleMapで探す
料金〈演奏付き上映〉
一般1,400円、学生・会員 1,200円
※招待券の利用不可
〈上映のみ〉
一般1,200円、学生・会員1,000円
※当日に限り2プログラム目は100円割引
問い合わせ神戸映画資料館
TEL 078-754-8039
メール info@kobe-eiga.net

掲載日:2018/12/17 00:00
Kiss PRESS編集部:伊吹



Page Top