このイベントは終了しました。

2019年1月26日(土)~5月6日(月・振)

横尾忠則現代美術館『横尾忠則 大公開制作劇場 〜本日、美術館で事件を起こす』 神戸市灘区

横尾忠則現代美術館 公開制作 2012年
《猫のいるY字路》 2008年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)
《物語の始まりと終わり》 2011年 岡山県立美術館蔵

公開制作で描かれた作品を映像・写真などの資料と共に紹介

 横尾忠則現代美術館(神戸市灘区)で1月26日から5月6日まで『横尾忠則 大公開制作劇場 〜本日、美術館で事件を起こす』が開催される。

 1980年代、画家へと転向したもののアトリエの無かった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった手段が公開制作だった。アトリエが完成した後も様々な場所で公開制作の機会を持つようになり、2000年に横尾の代表的シリーズとなる「Y字路」が描き始められると、以降、公開制作において「Y字路」は1つのフォーマットとして展開。各地の美術館で開催される個展に合わせて、その土地にちなんだ “ご当地Y字路”が次々と生み出されていった。

 同展では、横尾がこれまでに公開制作で描いてきた作品を映像・写真などの資料と共に紹介。2012年に同館で描かれた「N.P」をはじめ、「猫のいるY字路」、「赤い夢」、「青い沈黙」など絵画と版画66点が展示されるほか、制作現場の様子や作品が出来上がるまでのプロセスも見ることができる。

 また会期中には、同館で約5年半振りとなる公開制作(1月26日)やオリジナル作品を作るワークショップ(5月3日)、学芸員が展覧会の見どころを解説するキュレーターズ・トークも行われる。
「横尾忠則 公開制作」
日時 1月26日(土)開館時間中随時開催
会場 同館オープンスタジオ
観覧料 無料
※日程が変更になる場合あり。事前に同館ホームページ、Facebook、Twitterなどで確認

「ワークショップ 重なるイロとカタチ」
開催日 5月3日(金・祝)
時間 13:30~16:00
会場 同館オープンスタジオ
対象 小学生以上
定員 20人(応募者多数の場合は抽選)
申し込み 同館ホームページのイベントページ内申し込みフォームより
申し込み締切 4月24日(水)
※要参加費

「キュレーターズ・トーク」
開催日 2月9日(土)、3月16日(土)、4月20日(土)
時間 14:00~14:45
場所 同館オープンスタジオ
参加費 無料(要展覧会チケット)
開催期間2019年1月26日(土)~5月6日(月・振)
開館時間10:00~18:00(金曜日、土曜日は20:00まで)
※入場は閉館30分前まで
場所横尾忠則現代美術館
(神戸市灘区原田通3丁目8-30)
GoogleMapで探す
入館料一般 700(550)円、大学生 550(400)円、70歳以上 350(250)円、高校生以下 無料
※()内の料金は20人以上の団体の料金
※障がい者(70歳以上除く)は各観覧料金の半額、介護者1人は無料
問い合わせ横尾忠則現代美術館
TEL 078-855-5607

横尾忠則現代美術館

地域:神戸市灘区

神戸市灘区原田通3-8-30

078-855-5607

この施設を詳しく見る

掲載日:2019/1/7 16:00
Kiss PRESS編集部:徳岡



Page Top