このイベントは終了しました。

映画『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』

謎を愛する、天才脳科学者。趣味、探偵。

 世界が認めるミステリー作家・島田荘司が映像化を拒み続けた「探偵・御手洗潔シリーズ」。シリーズ49作目にして初の映画化『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』が6月4日(土)に公開される。“時計仕掛けの海”瀬戸内海で起こった3つの事件の真相と、幕末の歴史に隠された「星籠」の謎を御手洗の天才的な頭脳で解き明かしていく。

<ストーリー>
その天才的な頭脳で、脳科学者の御手洗潔(玉木宏)はいくつもの難事件を解決してきた。ある日、編集者・小川みゆき(広瀬アリス)から「瀬戸内海の小さな島に男の死体が半年の間に6体流れ着き、その身元は不明のまま」という怪事件を聞き、興味を持った御手洗は早速瀬戸内海へ。“時計仕掛けの海”瀬戸内の海流が6体の死体を広島県・福山市から運んできたことを突き止め福山に向かうが、そこで「外国人女性変死事件」「誘拐殺人事件」2つの不可思議な事件が相次いで発生する—。

続きを読む