街を、もっと楽しもう Kiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

キーワードから探す

市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
市・区・町で絞り込む
地域選択をクリア

このイベントは終了しました。

覗かなければよかった。 覗き見たのは、〈狂気〉か〈愛〉か。

映画『女が眠る時』

 ほんの好奇心から始まった“覗き”が常軌を逸した行動へと変化していき、 少しずつ狂気に冒されていく男の姿を描くセクシー・サスペンス『女が眠る時』が2月27日(土)に公開される。

 監督は1995年の『スモーク』がベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた名匠ウェイン・ワン。ニューヨーカー誌に掲載されたスペイン人作家ハビエル・マリアスの短編小説を日本映画にすることを自ら提案し、自身初となる日本映画の監督に挑む。謎めいた初老の男・佐原を、自作以外での映画主演は実に12年ぶりとなるビートたけしが、佐原の行動に振り回されていく作家・健二を西島秀俊が演じるなど、日本を代表する豪華な演技派俳優陣が集結した。

<ストーリー>
初めて書いた小説がヒットしたもののスランプに陥り、今後就職することが決まっていた清水健二(西島秀俊)。妻の綾(小山田サユリ)との関係も倦怠期を迎え、無気力な時間を過ごしていた。そんなある日、2人は1週間の休暇を取って郊外のリゾートホテルに行くことを計画する。滞在初日、健二はプールサイドで異様な存在感を放つ、初老の男・佐原(ビートたけし)と若く美しい女・美樹(忽那汐里)のカップルに目を奪われる—。

写真

詳細情報

タイトル
『女が眠る時』
公開日
2月27日(土)
監督
ウェイン・ワン
脚本
マイケル・K・レイ シンホ・リー、砂田麻美
原作
ハビエル・マリアス「女が眠る時」
キャスト
ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリ、新井浩文、渡辺真起子、リリー・フランキー(特別出演)ほか

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる