エヴァンゲリオンデザイン『500 TYPE EVA』11月山陽新幹線で運行開始 兵庫県内も停車

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

エヴァンゲリオンデザイン『500 TYPE EVA』11月山陽新幹線で運行開始 兵庫県内も停車

 JR西日本(西日本旅客鉄道)は、今年で全線開業40周年を迎える山陽新幹線に、今年でアニメ放映20周年を迎える「エヴァンゲリオン」の塗装を新幹線500系に施した『500 TYPE EVA』を11月7日から山陽新幹線で運行する。

 ダイヤ上は「こだま」として運行され、新大阪駅~博多駅間を走り、兵庫県内では新神戸・西明石・姫路・相生駅に停車する予定。車内の1号車には「展示・体験ルーム」が用意されており、ジオラマやコックピット体験コーナーなどが用意されている(入室と体験には公式サイトなどから事前予約が必要)。また2号車は特別内装車となっており、オリジナルのデザインの内装が施されているが、通常の自由席として利用できる。海外からの関心も非常に高く、兵庫県内にも観光客が訪れることが予想されており、さらなる賑わいが期待されている。

写真

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる