国指定重要文化財「旧ハンター住宅」館内公開 神戸市灘区

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

国指定重要文化財「旧ハンター住宅」館内公開 神戸市灘区

 神戸市内最大級の異人館「旧ハンター住宅」の内部が4月1日~5月31日に一般公開される。同館は1889年(明治22)年頃の建築で、1963(昭和38)年に中央区北野町から現在の神戸市立王子動物園内に移築され、1966(昭和41)年に国の重要文化財に指定されている。

 ドイツ人のA.グレッピーが英国人の技師に依頼して作ったものといわれており、その後、英国人のE.H.ハンターが北野町背後の高台に居宅を作るにあたり、この建物を買い取り、改造して現在にみる建造物に仕上げたものだという。木骨れんが造2階建一部3階塔屋付で、室内は1階に玄関ホール、書斎、食堂、応接室などがあり、大理石のマントル・ピースやブロンズのシャンデリアなどに当時の豪華な面影を感じられる。

 毎年4・5月と10月に館内の一般公開を実施している。入館無料(但し、動物園入園料は必要)。

写真

詳細情報

タイトル
「旧ハンター住宅」館内公開
期間
4月1日(水)~5月31日(日)
時間
9:30~16:30
休館日
4月8日(水)・15日(水)・22日(水)
5月13日(水)・20日(水)・27日(水)
場所
神戸市立王子動物園
(神戸市灘区王子町3−1)
アクセス
JR「灘駅」北へ徒歩約5分
阪急「王子公園駅」西へ徒歩約3分
観覧料
無料
※別途下記動物園入園料は必要
大人(高校生以上)600円、中学生以下・兵庫県在住の65歳以上、障害者は無料
問い合わせ
神戸市立王子動物園
TEL 078-861-5624

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる