街を、もっと楽しもうKiss PRESS

保存した記事
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

あま〜い!自然な蜜がぶわぁっと溢れる専門店の焼き芋

焼き芋専門店の「イモヤロウ」に行ってきました 西宮市

お芋のシーズン限定でオープンする焼き芋専門店の「イモヤロウ」(西宮市)が、今季は10月7日に開店しました。なにやら新聞屋さんがやっている焼き芋屋さんらしいという情報をキャッチしたので、早速お店へ行ってみることにしました。今年のオープン期間は10月〜GWあたりまでの予定です。
焼き芋専門店の「イモヤロウ」に行ってきました 西宮市 [画像]
場所は苦楽園口駅(東口)から線路を渡って徒歩3分の所にあります。



焼き芋専門店の「イモヤロウ」に行ってきました 西宮市 [画像]
お店の前に行くと、焼き芋屋さん?と疑ってしまいそうなウッド調にグレー×ブラックがなんともおしゃれな外観。普段は併設されている新聞屋さんで仕事をされているため、カウンターにある呼び鈴を鳴らすと笑顔が素敵で優しい人柄のオーナーさんが出てきてくれます。
焼き芋専門店の「イモヤロウ」に行ってきました 西宮市 [画像]
お父様から代替わりで新聞屋さんを引き継いだ際に「なにか面白いことをしたいな」と考えていたオーナーさん。幼い頃、よく通っていた近所の大好きな焼き芋屋さんをイメージして同敷地内に路面販売することを決めたそうです。

最初は焼き芋以外に野菜や果物も扱っていましたが、特にお客さんのご要望の多かった焼き芋の種類がどんどん増えていったことから3年前に“焼き芋専門店”をオープンさせるに至りました。
取材時に同店で扱っていたお芋の種類は「紅はるか」「シルクスイート」「ハロウィンスイート」「なると金時」の4品種取材時に同店で扱っていたお芋の種類は「紅はるか」「シルクスイート」「ハロウィンスイート」「なると金時」の4品種
店頭に並ぶのは、お芋が大好きだというオーナーさんが全国各地の品種を試食して厳選したものだけ。品種が同じでも農家さんによって味が違うので試食は欠かせません。店頭に並ぶ品種は、レギュラー化していく物もあれば時期によって入れ替わる物もあります。
焼き芋専門店の「イモヤロウ」に行ってきました 西宮市 [画像]
自身の好みでもある、甘みが感じられ柔らかな食感の品種が主に並びますが、昔ながらの素朴な味が好きという方もいるので、高級芋のひとつとして有名な徳島県産「なると金時」も置いています。

「シルクスイート」と「紅はるか」は“熟成”といって、農家さんが収穫後に専用の蔵で1ヶ月ほど寝かせた物を使用。そのひと手間をかけることで、ねっとりした食感と甘みに違いが生まれるんだとか。
焼き芋専門店の「イモヤロウ」に行ってきました 西宮市 [画像]
ショーケースの中にあるお芋を選ぶと、重さを量って値段を教えてくれます。今の時期がオススメだという「シルクスイート」100g190円〜(税込)を頂きました。
「シルクスイート」100g 190円(税込)~「シルクスイート」100g 190円(税込)~
パカッと割った断面が綺麗。思わず「あま〜〜〜い」と口に出そうになる。見た目通りのねっとり感でしっとりしていて、まさにシルク!!
焼き芋専門店の「イモヤロウ」に行ってきました 西宮市 [画像]
同店では専用のオーブンを使って2時間かけて、じっくりと焼いて行くことで、皮までパリパリ甘くて美味しい焼き芋になります。これほど甘いと、苦味のあるコーヒーと一緒に食べても美味しいかも。
お芋の自然な蜜が溢れ出て来ている様子お芋の自然な蜜が溢れ出て来ている様子
お芋の味が整ってくる12月〜4月くらいまでが特に美味しい。1番糖度が高いと言われている「紅はるか」は、12月に入るとオーブンの掃除をするのが大変になるくらい、お芋からでる自然な蜜が溢れ出してくるんですって。お客さんから「なんかハチミツとかかけてる?」と聞かれる事もしばしば。


「干し芋」490円(税込)「干し芋」490円(税込)
スーパー等の焼き芋は一度塩水につけてから販売されている物もありますが同店の焼き芋・干し芋ともに、原材料は芋だけの無添加です。体にいいからと健康志向や美意識の高い女性のお客さんも多い。安心して食べて貰えるからお子さんのおやつとしても大人気です。

詳細情報

店舗情報
イモヤロウ
(西宮市北名次町2-32)
GoogleMapで探す
営業時間
11:00~19:00
※なくなり次第、営業終了
定休日
日曜、祝日
TEL
0798-74-5595

Kiss PRESS編集部:佐藤

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる