街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

表現やアイディアの斬新さは必見!?

西宮市大谷記念美術館『Back to 1972 50年前の現代美術へ』

西宮市大谷記念美術館(西宮市)で10月8日、特別展『Back to 1972 50年前の現代美術へ』が開催されます。12月11日まで。
松谷武判《繁殖のA》作家蔵松谷武判《繁殖のA》作家蔵
同館は1972年11月3日に開館し、今年で開館50周年を迎えるとのことです。それを記念した同展では、1972年に制作された主に関西の現代美術作品を5つのテーマに沿って紹介。開館記念日の11月3日は入館無料となるほか、毎日先着30人に同展オリジナルのドリップバックコーヒーもプレゼント。さらに、1972年生まれの方は入館無料とのことです(要証明書呈示)。



1972年は、2月には札幌冬季オリンピックが開催され、10月にはパンダが初めて来日するなど明るい話題の一方、水俣病や四日市ぜんそく、イタイイタイ病の公判といった環境問題、あさま山荘事件などの事件も。

会場では、当時の社会や文化を反映したグラフィック作品をはじめ、写真、雑誌などを導入として1972年に制作された主に関西の現代美術作品を〈「1972年」という時代〉〈「1972京都ビエンナーレ」と関西のアートシーン〉〈具体美術協会の変遷〉〈現代美術の点景〉〈版画の躍進〉の5つのテーマに沿って鑑賞することができます。

また期間中、図形を組み合わせて、お花の模様のハンカチをシルクスクリーンで作るワークショップ「カタチプリントでお花ハンカチを作ろう」(11月27日)をはじめ関連イベントも開催。参加には事前申し込みが必要です(詳細は公式サイトにて案内)

同館では「本展では、美術館と同い年の作品が勢揃いします。50年前の作品とはいえ、その表現やアイディアの斬新さは目を見張るものがあります。開館50周年を記念した講演会やワークショップも開催しますので、こちらも是非ご参加下さい」と見どころを伝えています。

<記者のひとこと>
現代美術の展開と、時代の背景と…
1972年の世界を堪能できそうですね。

詳細情報

開催期間
2022年10月8日(土)〜12月11日(日)
時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所
西宮市大谷記念美術館
(西宮市中浜町4-38)
GoogleMapで探す
入館料
一般1,200(1,000)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
*( )内は前売料金(いずれも税込価格)
*11月3日(木・祝)は無料開館日
*1972年生まれの方は入館無料(要証明書呈示)
休館日
水曜
問い合わせ
0798-33-0164

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる