街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

このイベントは終了しました。

六甲山で現代アート巡り!秋限定の六甲みそグルメも

「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【中編】神戸市灘区

8月27日より六甲山(神戸市灘区)で開催中の「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」は、山上にある10の会場で総勢38組のアーティストの作品が鑑賞できる現代アートの展覧会。

秋の六甲山の自然も楽しめる本展の魅力を、実際に会場を巡ってきた筆者がレポートします!今回は「前編」の続きをお届けします♪

「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【前編】

「グランドホテル六甲スカイヴィラ」「グランドホテル六甲スカイヴィラ」
『六甲山芸術センター』でのアート鑑賞を満喫した筆者は、続いて『グランドホテル六甲スカイヴィラ』会場へ向かいました。芸術センターからは歩いて数分程の距離です。


盛圭太「Bug report(Tissue)」盛圭太「Bug report(Tissue)」
ホテルのエントランスに展示されているのは盛圭太さんの「Bug report(Tissue)」。六甲山系全域を古代から近代にかけて織りなされた一枚の布になぞらえて描かれたドローイング作品です。
「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【中編】神戸市灘区 [画像]
“糸”を使って線を表現した、作家独自の手法に思わず目を見張ります。これで『風の教会エリア』の作品はすべて制覇したので、六甲山上バスに乗って次のエリアへ向かいます。
「ROKKKO森の音ミュージアム」「ROKKKO森の音ミュージアム」
訪れたのは『ROKKO森の音ミュージアム』会場。広大な敷地内に8組のアーティストの作品が展示されています。
Videokaffe with C.A.P.「Fungi Luciferin」Videokaffe with C.A.P.「Fungi Luciferin」
同会場は屋外展示がメインで、会場を訪れるとまず目に入るのが池に突き刺さっているキノコの生えた自動車(笑)。

北米・ヨーロッパで活動する10人のアーティストの共同ネットワーク「Videokaffe」と神戸のアーティスト集団「C.A.P.」による「Fungi Luciferin」という作品で、思わず足が止まること間違いなし。これぞ現代アートですね~。強烈な作品の出迎えにテンションが上がります!
「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【中編】神戸市灘区 [画像]
館内で受付を済ませ、敷地内のガーデンを散策しながら作品を鑑賞することに。六甲山の四季折々の自然が楽しめるのも、本展の魅力のひとつです♪
「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【中編】神戸市灘区 [画像]
伊藤 大寛「ナイトミュージアム」伊藤 大寛「ナイトミュージアム」
こちらは流木を活用した動物のオブジェが並ぶ「ナイトミュージアム」。作者の伊藤大寛さんは、広島市立大学芸術学部彫刻専攻在学中の若きアーティストで、今回公募アーティストとして参加し「奨励賞」を受賞されました。
袴田京太朗(左)「考える女の子と倒れた墓碑」、(右)「闘う女の子と中国の文官」袴田京太朗(左)「考える女の子と倒れた墓碑」、(右)「闘う女の子と中国の文官」
ここからは筆者が特に気に入った作品を紹介。写真は袴田京太朗さんの「考える女の子と倒れた墓碑」(左)と「闘う女の子と中国の文官」(右)という作品です。静かな森の奥に鎮座する白いオブジェはどこか神聖な雰囲気が漂っており、思わず目を奪われます。

近くで見ると女の子の顔が非常にコミカルで、作品全体との雰囲気のギャップが面白い(笑)。
村山大明「アセビの切り株と想望」村山大明「アセビの切り株と想望」
こちらは筆者的ベストである、村山大明さんの「アセビの切り株と想望」。
「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【中編】神戸市灘区 [画像]
シカ、イノシシ、タヌキ等、森に住む動物たちのオブジェは、毛並みの一本一本が直筆によって描かれており、その精巧さは素晴らしいの一言!絵画として描いた動物たちが実体を得たような、現実感と非現実感が融合した姿は非常に魅力的でした。
はやしだちか「記憶の断片」はやしだちか「記憶の断片」
森のアート散歩を堪能した後は、ミュージアム内を見学。階段の踊り場や展示室の片すみ等、館内の随所にはやしだちかさんの作品が展示されていました。『六甲山芸術センター』に展示された作品(前編を参照)とはまた違った趣で、興味深く鑑賞することができます。
ミュージアムに併設の「森のCafé」ミュージアムに併設の「森のCafé」
そうこうしている間に時刻は12時を過ぎました。お腹も減ったので、ミュージアムに併設された『森のCafé』でお昼を取ることに。
「ネギ味噌バーガー」1,450円(税込)「ネギ味噌バーガー」1,450円(税込)
展覧会の期間中に提供されている季節限定メニューの「ネギ味噌バーガー」をいただきます。六甲山のふもとで製造されている“六甲味噌”に豆板醤を合わせた特製ソースは味噌の甘みとピリ辛な味わいが最高でした♪
「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【中編】神戸市灘区 [画像]
牛100%のパティが2枚も入っているのでボリュームも満点。シャキシャキとした食感の白ネギのおかげでさっぱりとした後味なのも良かったです。カボチャを練りこんだほんのりと甘いバンズもGOOD!


「デニッシュソフト 焼きバナナのメープルソース」700円(税込)「デニッシュソフト 焼きバナナのメープルソース」700円(税込)
こちらも季節限定のスイーツ「デニッシュソフト 焼きバナナのメープルソース」。メープルシロップに六甲味噌を合わせた甘じょっぱいオリジナルシロップがうま~!な一品です。
「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【中編】神戸市灘区 [画像]
焼き立てのデニッシュと冷たいソフトクリームのコンビは反則(嬉)。お腹の空きがある限り、エンドレスに食べられます。焼きバナナのとろりとした食感も最高♡大満足のランチタイムでした。

今回のレポートはここまで!この続きは「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を1日で巡ってみた!【後編】でお届けするのでお楽しみに♪

詳細情報

開催期間
2022年8月27日(土)~11月23日(水・祝)
場所
六甲ケーブル(六甲ケーブル下駅・山上駅)
六甲ガーデンテラスエリア
自然体感展望台 六甲枝垂れ ★
ROKKO森の音ミュージアム ★
六甲高山植物園 ★
六甲有馬ロープウェー 六甲山頂駅
グランドホテル六甲スカイヴィラ
風の教会エリア(六甲山芸術劇場・芸術センター)★
兵庫県立六甲山ビジターセンター(記念碑台)
六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)★

★は有料会場
開場時間
<六甲ミーツ・アート芸術散歩2022>
10:00~17:00
※一部の会場は営業時間が異なります

<ひかりの森~夜の芸術散歩~>
9月23日~11月23日の土日祝限定
17:00~20:00
(19:00パスポート販売終了、19:30最終入場)
料金
<鑑賞パスポート>
大人 2,500円(税込)
小人 1,000円(税込)
※「ひかりの森~夜の芸術散歩~」の鑑賞は含みません

<ナイトパス付き鑑賞パスポート>
大人 3,300円(税込)
小人 1,400円(税込)

購入はこちら
窓口での購入も可能です。詳細はこちら
備考
※会期中無休
※六甲山サイレンスリゾートのみ10月まで毎週月曜休業(祝日の場合は火曜に振替休業)

Kiss PRESS編集部:甘佐

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる