街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

このイベントは終了しました。

昭和レトロを味わう催し 3年ぶりに開催へ

『2022年銀谷祭り 生野銀谷まち歩き』朝来市

“鉱山の町”で知られる朝来市生野町で9月23日から25日にかけて、『2022年銀谷(かなや)祭り 生野銀谷まち歩き』が開催されます。今は懐かしい昭和の風情を堪能できるイベントとして秋の恒例行事でしたが、新型コロナウイルス感染症の予防対策のため中止が続き、今回は装いを変えて3年ぶりに実施されることになりました。入場無料。
『2022年銀谷祭り 生野銀谷まち歩き』朝来市 [画像]
日本有数の銀山がある生野町は、昭和初期頃には1万人を超える労働者や家族が暮らし、賑わっていたといいます。イベント期間中は当時のレトロな雰囲気が再現され、まち歩きや謎解き、旧車の展示といった催しが繰り広げられます。



2017年4月には、但馬・播磨3市3町にまたがる「銀の馬車道 鉱石の道」が日本遺産として認定された生野銀山一帯。1200年の歴史をもつ生野銀山は銀や銅などの鉱物を数多く産出し、明治には日本初の官営鉱山として栄え、最盛期の1938年頃には1万人を超える労働者や家族が“鉱山の町”生野町で暮らしを営んだことで知られています。

この祭りでは生野銀山が最も栄えていた昭和の時代をコンセプトに、今も当時の面影が残る鍛冶屋町通りや生野銀山などを巡り、レトロな風情を満喫することができます。町内5カ所を巡るスタンプラリーや謎解きでは、すべて集めると抽選で景品があたります。

また9月25日には、今ではなかなか見ることのない旧車が集う旧車ひろばや、1957~1972年まで販売されていた三輪自動車ミゼットが一同に会する「ミゼット広場」も。

なお、今年の「銀谷祭り」は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、歩行者天国や露店(路上での飲食の提供)はありませんが、当日は飲食店マップが配布され、地域の味を楽しむことができそうです。
『2022年銀谷祭り 生野銀谷まち歩き』朝来市 [画像]
同実行委員会では「歴史ある町並みをのんびりと歩いて頂きたい」と見どころを伝えています。

〈記者のひとこと〉
感染防止対策のため例年賑わう出店は行われませんが、その分開催日を3日間へと延長している同イベント。のんびりとした雰囲気のなかで、今ではなかなか見ることができない昭和レトロな魅力を堪能できそうですね。

詳細情報

開催期間
2022年9月23日(金・祝)~25日(日)
時間
10:00~15:00
場所
朝来市生野町口銀谷付近(鍛冶屋町通り、宮町通りなど)
(朝来市生野町口銀谷)
GoogleMapで探す
入場料
無料
問い合わせ
銀谷祭り実行委員会(朝来市生野支所地域振興課内) 
TEL 079-679-2240

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる