街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

山深くに建つ可愛い一軒家は夢のような雑貨の宝庫でした

雑貨店 「山櫻(やまざくら)」に行って来ました 南あわじ市

淡路島の南側・鳴門海峡大橋を遠くに望む山の中に、様々な生活雑貨を扱う雑貨店「山櫻」があります。開店から今年で16年目を迎えるお店に、今回はお邪魔して来ました。
「雑貨店 山櫻」外観「雑貨店 山櫻」外観



店に向かう途中の風景(「若人の広場」駐車場から)店に向かう途中の風景(「若人の広場」駐車場から)
道の途中に看板があります道の途中に看板があります
南あわじ市福良港近くの海沿いの道路を走って山に入り、阿万地区にある「若人の広場公園」を過ぎると、「海釣り公園メガフロート」に向かう道沿いの右手側に見えてくる看板。目的のお店は、この看板が示す道をさらに下った先にあります。
お店のテラスから見える風力発電の風車お店のテラスから見える風力発電の風車
多肉植物やオブジェが並ぶテラスを通って店舗入り口へ多肉植物やオブジェが並ぶテラスを通って店舗入り口へ
入り口前のデッキには多肉植物がいっぱい入り口前のデッキには多肉植物がいっぱい
細い道を抜けると、唐突にぱっと開ける風景。そこに建つ赤い瓦の可愛らしい一軒家が、雑貨店「山櫻」です。入り口付近のテラスには、たくさんの多肉植物とユニークなオブジェたち。テラスの向かい側には、一面の広い畑。山の上から巨大な風力発電の風車がのぞきます。同店のオーナー家族の自宅が隣接する以外は辺りに何もなく、とても静か。限りなく日常に近い非日常の、不思議な空間が開けています。
白い木製ドアがお店の入り口です白い木製ドアがお店の入り口です
お店のドアを開けると、目に飛び込んでくるのは、とにかくたくさんの雑貨たち!物の多さとはうらはらに、整然とした飾り付けがとても美しい店内。思わず「わぁっ」と感嘆の声が漏れました。
中央にあるのがレジカウンターです中央にあるのがレジカウンターです
「山櫻」店長の北川佳奈さんは、優しい笑顔がステキな、気さくな女性。小学生の頃から雑貨類が大好きで、おこづかいを貯めては食器等を購入し、家に遊びに来る友達と一緒に使うことを楽しんでいたとか。2006年6月ごろ、自分や家族の病気で仕事に通うことが困難になった時期があり、「それでは」と自宅の1室を店舗に改装し念願の雑貨店を開いたのが始まりだそうです。

現在の店舗は2013年8月ごろに新築オープンしたもの。今は北川店長をメインに、お母さん、娘さんの3人で店舗を営んでいます。お店がある一角は、店長のご先祖が昔拓いた土地なのだそうです。
お店自慢の大きな窓から緑の山と風車が見えますお店自慢の大きな窓から緑の山と風車が見えます
この店のシンボルとも言える山側に大きく開いた窓は、北川店長の大のお気に入りです。たくさん並んだオブジェや植物の向こうに、先ほど入り口テラスで見た風景が見えます。
焼きもののオブジェや布小物が並びます焼きもののオブジェや布小物が並びます
同店がメインに扱うのは、手作り作家によるアクセサリーや手芸品、陶器類、オブジェ等の作品です。こうした商品はすべて、北川店長が展示会やインターネットで見つけて気に入った物だとか。現在、約20名余りの手芸・工芸等の作家と取引をしているそうです。
「Naoko Sewing Room」のソックモンキーは表情が可愛い!「Naoko Sewing Room」のソックモンキーは表情が可愛い!
神戸市の「Naoko Sewing Room」のソックモンキ―。愛らしい表情が何とも言えません。青い帽子がお似合いの大きな子に、カラフルなちびモンキーたちもいました。
「ricca*rocca」の着心地良さそうな洋服たち「ricca*rocca」の着心地良さそうな洋服たち
岐阜県の作家「ricca*rocca」のリネン等を使った洋服は、シンプルなデザインが魅力。丁寧な仕立ての、着心地の良さそうなワンピースやブラウスが並びます。
「Filore」の繊細なオブジェたち「Filore」の繊細なオブジェたち
「Filore(フィローレ)」のワイヤーとドライフラワー等で作られた繊細な作品たち。絶妙のサイズ感とデザインの可愛らしさで、いくつでも欲しくなります。
コウモリランやエレファントティス等珍しい種類の植物が並びますコウモリランやエレファントティス等珍しい種類の植物が並びます
また植物類も充実。多肉植物好きの北川店長のチョイスで、他所ではあまり見たことのない植物の鉢植えや、オブジェのようなサボテンたちが棚の上にズラリ。
懐かしくて新しい?「レトロ雑貨コーナー」懐かしくて新しい?「レトロ雑貨コーナー」
良い感じに古びたアンティークの棚良い感じに古びたアンティークの棚
なんと「カブトとクワガタ」もあります!!なんと「カブトとクワガタ」もあります!!
他にも70年代のデッドストック品の食器や文具メーカーのキャラクターグッズを集めた“レトロコーナー”や、淡路瓦で作ったアルファベットのブロック。おしゃれな古道具類に、まさかのカブトムシやクワガタ!ここまでバラエティ豊かな品物がにぎやかに、しかもセンス良く飾りつけられた店内の独特な雰囲気に、ほっこりと心がくつろぐ不思議な感覚を覚えました。
花などを埋め込んだ樹脂製のネックレス花などを埋め込んだ樹脂製のネックレス
島の山中にぽつんとあるお店なのに、意外なことに島外から訪れるお客様の方が多いのだそうです。「インターネットで見つけてくれたり、近くの観光施設に行く際に看板を見て寄ってくれたり。本当にありがたいことです」と北川店長。「お客様が店内の様子や商品を見て『可愛い!』と言ってくださるのが何より嬉しいです。都会の騒がしさを離れて、自然に囲まれた店で、ゆったりとお気に入りを探す時間を楽しんでもらえたら」と笑顔で話します。



店長から16周年感謝のメッセージ店長から16周年感謝のメッセージ
レジカウンターに置かれたタイル看板には、開店16周年を感謝する店長直筆のメッセージが書かれています。店長がご先祖の築いた場所で、家族とともに大切に育ててきた、他の何処にもないユニークな雑貨店。あの不思議な感覚に遭いに、ぜひまた訪れたいと思います。

写真

詳細情報

場所
雑貨店 山櫻
(南あわじ市阿万吹上町1388-2)
GoogleMapで探す
営業時間
10:00~18:00
定休日
火曜日、金曜日(臨時休業あり)
TEL
0799-55-2024

Kiss PRESS編集部:児島

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる