街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

このイベントは終了しました。

港や船上が海賊ランド!?遊び心全開で楽しむ海峡クルージング

淡路島・明石海峡大橋クルーズを体験して来ました 淡路市

「えっ、淡路市岩屋港周辺に“海賊ランド”が出現!?」何やら胸躍る話題を耳にして、記者は現地まで状況を確かめに行ってまいりました。
明石海峡を周遊する咸臨丸(写真提供:ジョイポート淡路島㈱)明石海峡を周遊する咸臨丸(写真提供:ジョイポート淡路島㈱)
淡路島の北端にある岩屋港からは、明石海峡を遊覧する「明石海峡大橋クルーズ」が毎日3便出航しています。世界最大の吊り橋「明石海峡大橋」の下をくぐって、海上から淡路島を眺める人気のツアー。夏休みを迎えて、7月22日から8月30日まで「岩屋港海賊ランド2022」というイベントが行われているのです。



岩屋港の明石海峡大橋クルーズ乗り場に到着岩屋港の明石海峡大橋クルーズ乗り場に到着
海賊ストーリー海賊ストーリー
「明石海峡大橋クルーズ」乗り場は旧岩屋フェリー(たこフェリー)発着場跡地にあります。現地に到着してみてビックリ!本当に明石海峡大橋クルーズのスタッフ全員が、海賊姿ではないですか。皆さん、とてもよくお似合い。海賊のストーリーを記した看板もあります。
当日券を購入できる券売機当日券を購入できる券売機
同クルーズの乗船券はWeb予約のほか、港の券売機で当日券を購入することもできます。Web予約だと料金が200円お得。また現在は夏休み企画として、小学生以下の子どもの乗船は無料となっています(8月30日まで)。
スタンプラリー受付のお姉さんも海賊さんスタンプラリー受付のお姉さんも海賊さん
「宝探しスタンプラリー」左側にある缶バッジがもらえます「宝探しスタンプラリー」左側にある缶バッジがもらえます
船から降りて一目散にバッジを交換に来る子どもたち船から降りて一目散にバッジを交換に来る子どもたち 
こちらは「宝探しスタンプラリー」受付です。イベント期間中は、子どもたちを対象にスタンプラリーを無料で開催。発着場~タコステ周辺と咸臨丸の船内に設置されたスタンプを5個集めると、特製缶バッジがもらえます。
岩屋港にある商業施設「淡路島タコステ」岩屋港にある商業施設「淡路島タコステ」
「タコステ」のフードコート「タコステ」のフードコート
出航待ちに「淡路島藻塩レモンスカッシュ」(税込330円)をいただく出航待ちに「淡路島藻塩レモンスカッシュ」(税込330円)をいただく
同クルーズ発着場の向かいには、複合商業施設「淡路島タコステ」があります。淡路島タコステには、生しらす丼や鯛の卵がけご飯など新鮮な海鮮料理をリーズナブルな値段で提供する「フードコートえびす」や、唐揚げ「ふくカラ」、地元産の素材にこだわったたこ焼き「岩屋たこ壱」などのテイクアウト店が集まっています。またお土産物売り場も充実。乗船券を手にして船を待つひととき、涼しい店内で過ごします。
咸臨丸が先のクルーズから帰って来ました咸臨丸が先のクルーズから帰って来ました
クルーズ船「咸臨丸」が、先の航海から港に帰って来ました。見てください、この雄姿。船から降りた子どもたちが、一目散にスタンプラリー受付に向かいます。船上でしか押せないスタンプをゲットすると、缶バッジが2個もらえます。
毎日15時から始まる「スノータイム」毎日15時から始まる「スノータイム」
「スノータイムが始まります」とのアナウンスを聞いてタコステ前に戻ります。話題の「スノータイム」はイベント期間中の毎日15時から約5分間、降雪機で雪を降らせるというもの。海賊船長による雪の打ち上げが始まると、その場にいた子どもも大人も大はしゃぎ!かき氷用の氷を使って作った雪なので、ぬれても顔にかかっても大丈夫。心置きなく楽しめます。
乗船時にはクルー全員がお出迎え乗船時にはクルー全員がお出迎え
港のクルーがお見送りをしてくれます港のクルーがお見送りをしてくれます
記者の乗る15時半出発のクルーズ船の搭乗が始まりました。船内クルーの皆さんのお出迎えで、旅気分が盛り上がります。ボーッと汽笛が鳴って、いよいよ出発。港のクルーも、海賊旗を振りながらお見送り。これから約75分の遊覧航海へ行って来ます!
開放的なデッキには木製の椅子とテーブル開放的なデッキには木製の椅子とテーブル
中デッキにもテーブルと椅子が設置中デッキにもテーブルと椅子が設置
下甲板はゆったりと外の景色が見られます下甲板はゆったりと外の景色が見られます
「咸臨丸」は先頃、内装をリニューアルしたばかり。アッパー、メイン、アンダーの各デッキともに、南あわじ市の工房PATRASCHE(パトラッシュ)が製作したナラ・オーク材を使ったチェアやテーブルが設置されています。帆船である咸臨丸のレトロな雰囲気が一層深まる、ステキなインテリアです。
海賊クルーの皆さん(左から:ターナー、ナギィ、ララァ)海賊クルーの皆さん(左から:ターナー、ナギィ、ララァ)
ナギィの船上ガイドは話題満載ナギィの船上ガイドは話題満載
船には船上ガイドのナギィ、海賊船長のターナー、海賊ガールのララァが乗船していて、旅のお供をしてくれます。ナギィさんのガイド内容は船上から見える風景の説明から歴史の紹介、タコステで販売されるたまねぎのレシピまでと幅広く、乗客を飽きさせません。
明石海峡大橋の真下に来ました明石海峡大橋の真下に来ました
明石海峡大橋に沿って進みます明石海峡大橋に沿って進みます
一番の見せ場、明石海峡大橋の真下に差し掛かりました。船のマストが橋の裏側にぶつかりそう!スリル満点です。ハラハラと見上げながらも、ふだんは見ることのできない橋の裏側の構造美に目をみはります。船はしばらく橋と平行に走ります。
明治初期に作られた美しい「江崎灯台」明治初期に作られた美しい「江崎灯台」
明石海峡大橋を離れて、船は淡路島の西海岸沿いの沖を走ります。山の中腹に「江崎灯台」が見えてきました。明治初期に建築された、背の低い姿が愛らしい石造りの灯台です。
あわじクラフトサーカスのユニークな建物あわじクラフトサーカスのユニークな建物
少し進むと、「あわじクラフトサーカス」の白い建物が見えてきました。海や夕陽を眺めながら食事ができるレストランと、地元野菜やお土産物などのマルシェからなる複合施設です。
山頂に見える風力発電の風車山頂に見える風力発電の風車
低い山並みの頂上には、風力発電の風車が見えます。実際に見ると、その大きさに驚く人も多いはず。
巨大な「Hello!Kitty」のお顔が見えます巨大な「Hello!Kitty」のお顔が見えます
航海折り返し地点の複合施設「HELLO KITTY SMILE(ハローキティスマイル)」の前に来ました。海を眺める巨大なハローキティのお顔が見えます。後ろにみえる真っ赤なリンゴは「HELLO KITTY APPLE HOUSE」。それぞれ今年、「キャラクターの形をした最大の屋根」と「リンゴの形をした最大の建物」として、ギネス世界記録™に認定されました。
様々な船が明石海峡を航行しています様々な船が明石海峡を航行しています
ハローキティのお顔の前から、船は旋回して港を目指します。外のデッキで潮風を感じながら風景や行き交う船を眺めるのも良し、エアコンの効いた室内デッキでゆったりと楽しむのも良し。船内には飲み物の自動販売機があります。乗船前にタコステ等でテイクアウトのフードを用意するのも良いかも。ちなみに船内は飲酒禁止となっています。
楽しい旅もそろそろ終わり楽しい旅もそろそろ終わり
とうとう港が見えてきました。着岸し、名残惜しく咸臨丸を下ります。始まりかけた夕暮れの中に浮かぶ美しい咸臨丸。とっても楽しかったよ。ありがとう。
夕暮れの港に到着「お疲れさまでした」夕暮れの港に到着「お疲れさまでした」
同クルーズは1日3便就航(11時、13時30分、15時30分)。家族連れの一番人気は最初の便とのことですが、カップルや仲間たちなら第3便でクルーズを楽しんだ後、夜のお出かけへ繰り出すのもステキだと思います。
岩屋港周辺を結ぶシャトルバスが無料で運行されています岩屋港周辺を結ぶシャトルバスが無料で運行されています
また、同クルーズは交通も至便。神戸方面からは、自動車なら高速道路淡路サービスエリアを下りて北に約5分。また明石港への連絡客船「ジェノバライン」の発着場である岩屋ポートからは、無料シャトルバスが利用できます。



夏の1日、ステキな海賊クルーたちが操る帆船「咸臨丸」に乗って、明石海峡で大らかな時間を過ごしてみませんか。

写真

詳細情報

開催期間
2022年7月22日(金)~8月30日(火)
場所
淡路市岩屋港(淡路島タコステ前)
GoogleMapで探す
概要
概要
内容:淡路島北部にある岩屋港発着の約75分間のクルージング
期間:3月~11月までの週5日運航
   ※12月~翌年2月までは運休
料金:中学生以上:2,500円(税込み)
   小学生  :1,000円(税込み)
   幼児   :大人1人につき1名無料
※2022年7月15日~8月30日は小学生以下無料
時刻: 1便目11:00 2便目13:30 3便目15:30
イベント概要
詳しくはこちら
小学生以下無料キャンペーン
詳しくはこちら
問い合わせ
明石海峡大橋クルーズ
0120-587-700(9:00~17:00)

Kiss PRESS編集部:児島

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる