街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

知る人ぞ知る古民家カフェで、ワンランク上の家庭料理に舌鼓!

『古民家カフェ たまゆら』に行ってきました! 神戸市西区

神戸市西区・伊川谷町にある『古民家カフェ たまゆら』にお出かけしてきました。場所は伊川谷駅から西へ車を走らせること8分、農園に囲まれたのどかな地にあります。
隠れ家的な知る人ぞ知る人気店隠れ家的な知る人ぞ知る人気店
推定築100年の立派な家屋は、店長・赤木さんのお母様のご実家だったそう。「食事を出したり雑貨を販売したり、そんなお店を開けたら」と、2015年1月に古民家カフェとして生まれ変わりました。



お座敷25席、当日予約もOKお座敷25席、当日予約もOK
木の温もりを感じる店内は、どこか懐かしい雰囲気。「おばあちゃん家に遊びに来たみたいで落ち着く」とお客さんからも好評なんだとか!午前中は散歩帰りにカフェの利用で立ち寄る方も多く、地域の方の憩いの場となっています。
月替わりランチ(食後のデザート&ドリンク付き)1,200円(税込)月替わりランチ(食後のデザート&ドリンク付き)1,200円(税込)
ランチの利用は13時過ぎに来店するのがお勧め。今回は窓際のお席で月替わりランチを頂きました。メイン、小鉢2品、ごはん、お味噌汁、食後のデザート&ドリンクが付いたセットです。
ねぎと大根おろしをたっぷりかけ、いざ実食!ねぎと大根おろしをたっぷりかけ、いざ実食!
隔月で替わるメインメニュー、筆者が訪れた日は人気の「和風ハンバーグ」でした!お店のこだわりは、安心して食べられる食材を使うこと。国産のお肉を用いたハンバーグは、絶妙な火加減で調理されており柔らかな食感が特徴です。
『古民家カフェ たまゆら』に行ってきました! 神戸市西区 [画像]
溢れ出す肉汁とあっさりした和風ダレで、ごはんがどんどん進みます。兵庫県産・ヒノヒカリは、美味しく頂くために精米したてのものを使っているそう。この組み合わせはもう、間違いないですよね…!
自家製の味噌を使用したお味噌汁は、ごはんと相性抜群!自家製の味噌を使用したお味噌汁は、ごはんと相性抜群!
日替わりの小鉢2品、この日のメニューは「もやしのナムル」と「マカロニサラダ」でした。近隣農家さんから届く西区産の野菜を中心に、お庭で採れたかぼちゃやナスなどを活用してメニューを考えているという赤木さん。このワンランク上の家庭料理を独学で習得したというから驚きです。
米粉のシフォンケーキと紅茶(HOT) ※ドリンクは他にコーヒー(HOT/ICE)、りんご、ぶどうジュースから選択可能米粉のシフォンケーキと紅茶(HOT) ※ドリンクは他にコーヒー(HOT/ICE)、りんご、ぶどうジュースから選択可能
「手料理をお店の雰囲気に合ったお皿で提供したい」という想いから、小物選びにもこだわりが。丹波篠山の窯元で買い付けたお皿やコップ、近隣の陶芸作家さんの作品など、センス溢れる食器がテーブルに華を添えます。
『古民家カフェ たまゆら』に行ってきました! 神戸市西区 [画像]
ケーキ作りが趣味という赤木さんが作るデザートは絶品!「米粉のシフォンケーキ」は、ふわふわの生地に甘さ控えめのクリームがマッチして大人の味わいです。ケーキがすっきりしている分、筆者は紅茶を甘々にして頂くのが好みでした。
お店に居合わせたお客さんとグルメやラジオの話をしたり大満喫!お店に居合わせたお客さんとグルメやラジオの話をしたり大満喫!
気になる店名は、“玉がゆらゆらと揺れて微かな音を立てる”という昔の言葉・玉響(たまゆら)に由来。「忙しい日々を過ごしている方々に、非日常感溢れる空間でほっと一息して頂けたら」という想いが込められています。その言葉通り、店内は賑やかな声がこだましていましたよ。


〈提供写真〉「ローストポーク自家製のゆず味噌和え」1,200円(税込)〈提供写真〉「ローストポーク自家製のゆず味噌和え」1,200円(税込)
10月の月替わりランチは「ローストポーク自家製のゆず味噌和え」。知る人ぞ知る人気店で絶品メニューに舌鼓、秋のお出かけにいかがですか?「来てくれてありがとう」と温かい言葉をかけてくださったお店のみなさん、その笑顔に会いに筆者もまた訪れたいと思います。

写真

詳細情報

場所
古民家カフェ たまゆら
(神戸市西区伊川谷町井吹1358)
GoogleMapで探す
営業時間
9:00〜15:00
※予約は営業時間内に電話にて受付(当日予約もOK)
営業日
火・水・木
駐車場
6台
問い合わせ
090-9272-6675

Kiss PRESS編集部:澄田

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる