街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

美味しく、楽しく、美しく、体に優しい糖質オフレストラン

『IL BUCCA(イル ブッカ)』 実食レポ 神戸市垂水区

昨秋、垂水区にロカボレストランがオープンしたと聞いて、気になっていました。山陽電鉄「霞ヶ丘駅」を降りてすぐの場所にある『IL BUCCA(イル ブッカ)』。糖質OFFアドバイザーの資格を持つシェフが考える“ダイエット中でも食事制限中でも外食を美味しく、楽しく”をコンセプトとしたレストランとのこと。
『IL BUCCA(イル ブッカ)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
失礼ながら“糖質オフ”は、体には良さそうだけれど、味が淡白だったり食感がボソボソしていたり・・・であまり良いイメージを持っていませんでした。が、この度そのイメージがくつがえりました!一度食べたら忘れられない『IL BUCCA(イル ブッカ)』の“糖質オフ”メニューを実食レポートします。


店名の『IL BUCCA(イル ブッカ)』にはクスッと笑える由来があります。ぜひお店で聞いてみてください店名の『IL BUCCA(イル ブッカ)』にはクスッと笑える由来があります。ぜひお店で聞いてみてください
『IL BUCCA(イル ブッカ)』の店主兼シェフ、垣本さんは、もともとイタリアンのお店を経営されていましたが、体調を崩し閉店。闘病生活をきっかけに体に良いものについて勉強するようになったそうです。自身が効果を実感した糖質オフについて学び、多くの人に「体に優しい料理を届けたい」という思いから『IL BUCCA(イル ブッカ)』をオープンすることを決めました。
『IL BUCCA(イル ブッカ)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
店内は、テーブル席2席、カウンター席6席でこぢんまりとしています。席同士のスペースがゆったりと取られているため、狭くは感じず居心地が良いです。
『IL BUCCA(イル ブッカ)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
『IL BUCCA(イル ブッカ)』は、ランチもディナーも完全予約制。垣本さんが1人で調理、接客していることから、お客様ときちんと向き合うためにこのスタイルをとっているそうです。

ランチコースは、8種の前菜、サラダ、パン、パスタで1,700円(税込)。ディナーコースは、お任せコースで3,850円(税込)。今回、ディナーコースから、前菜とパスタ、デザートをいただきました。
『IL BUCCA(イル ブッカ)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
なんと美しい前菜なんでしょう!手前から時計回りに「トリッパのトマト煮込み」「クミン風味のキャロットラペ」「大根のサヤ、オリーブオイル添え」「丹波黒地鶏むね肉のアンチョビとオリーブのソース」。真ん中は「ラタトゥイユ」、グラスに入っているのは「自家製ローストビーフのブラッドオレンジゼリー添え」。

「クミン風味のキャロットラペ」は、甘い人参にクミンのスパイシーさがアクセントとなって、爽やかです。和えてある人参の葉っぱもとても甘い。無農薬なので葉まで安心して食べられるのだそうです。

「丹波黒地鶏むね肉のアンチョビとオリーブのソース」は、低温調理されているとのことで驚くほどにしっとり柔らかです。むね肉特有のパサパサはまったく感じません。アンチョビ、オリーブ、玉葱のソースがお肉とよく合って、美味しい!これがメインでも良いのではないかと思ってしまいました。

「自家製ローストビーフのブラッドオレンジゼリー添え」は、柔らかなローストビーフに酸味のあるブラッドオレンジゼリー、上にはチーズが添えられています。ローストビーフもブラッドオレンジゼリーも手作り。前菜の中の、ひとつのお料理にこんなに手間がかかっているなんて・・・それぞれの味と食感がマッチして、『IL BUCCA(イル ブッカ)』ならではのローストビーフになっています。

これは豆?と思った緑の細長いものは、「大根のサヤ」なのだそう。オリーブオイルにつけてポリポリ食べると、たしかに大根の味!初めて食べました。契約農家さんが持って来られるめずらしい野菜がメニューに登場することもあるそうです。ちなみに添えてあるコリアンダーのお花も食べられます。

どのお料理も食材と味の組み合わせが絶妙で、さらに盛り付けも美しい。垣本さんは「思いつきです」と微笑まれますが、それぞれの食材や調理方法を聞くと、さらに楽しめると思います。
写真のパスタはディナーコース用の量なので、ランチコースではほぼ倍の量になるそうです写真のパスタはディナーコース用の量なので、ランチコースではほぼ倍の量になるそうです
この日のパスタは「海老のトマトクリームパスタ」。濃厚なイメージのクリームパスタに「糖質オフ?!」と驚きましたが、使われているのは「レジスタントスターチ」という食物繊維が豊富な生パスタなのだそう。糖質は、通常の乾麺に比べて55%オフ。

濃厚なトマトクリームソースが平麺にしっかりと絡んで食べ応え抜群です。贅沢に入った大きな海老はぷりぷりで、ほのかに香る大葉の風味が絶妙です。そういえば大葉が見当たらないので尋ねたところ、上に乗っている緑の葉っぱが「大葉の新芽」なのだそうです。ここにも珍しい野菜登場です。

添えてあるパンは、ふすま粉、大豆粉をメインとしたもので糖質7.7g。ボソボソしがちな糖質オフパンですが、垣本さんが美味しく食べられるよう改良を重ねたというだけあってしっとりふわふわ。パスタソースともよく合います。
『IL BUCCA(イル ブッカ)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
デザートは「テリーヌショコラ」。「これは本当に糖質オフデザートなのですか?」と思わず聞いてしまうような、ねっとり濃厚なテリーヌショコラ。チョコレートのコクも甘さもしっかりあって大満足!こちら、なんと糖質2gだそうです。一番人気のデザートメニューというのも納得です。

垣本さんの糖質オフメニューは“ガチガチではない”そうです。「一般的に人参やじゃがいもは糖質が高い食材と言われていますが、栄養も豊富。そういう食材を使わないのではなくて、使う場合には調味料や調理方法で工夫します」とのこと。糖質オフをあまり感じることなく美味しくいただけるのには、そのような工夫があるからこそなのですね。
オーガニックワインも楽しむことができますオーガニックワインも楽しむことができます
糖質オフのコース料理のお店と聞いて、大人向けのお店なんだろうなと思っていましたが、なんと「お子様もご一緒にどうぞ」とのこと。クリーム系パスタにジュースなどがついた「お子様ランチ」700円(税込・要予約)もあるんですって。「これ、たぶんどこにも書いてないのでご存じない方多いと思うんです」と垣本さん。店内には子ども用椅子も準備されていました。通路が広いのでベビーカーもOK。予約の際に伝えておくと安心ですね。

予約は前日15時までにお願いしますとのこと。コースメニューは日によって変わりますが、リクエストがあれば事前に相談にのってもらえます。例えばディナーコースのメインをお肉、お魚両方にすることなども可能です。

テイクアウトのオードブル(1,620円〜)もありますので、垣本さんのお料理を自宅で楽しみたい方もお問い合わせください。
『IL BUCCA(イル ブッカ)』 実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
最後にもうひとつ。テーブル席を希望される方が多いそうですが、こちらのカウンター席は椅子の座り心地が抜群です。カウンターテーブルの奥行きも広いため、ゆったりとお食事できますよ。お一人でのご利用はもちろん、お二人でのカウンター利用もおすすめです(シェフとのおしゃべりも楽しめるかも?!)。



“美味しく、楽しく”を大事にされている垣本さん。「食事制限中の方も、ダイエット中の方も、なんとなく体に気を遣っている方も、いろんな方にお越しいただきたいです」とおっしゃっていました。糖質オフ、気になってはいるけど美味しくないとなぁ・・・と思われている方、きっとイメージが変わりますよ。

詳細情報

住所
IL BUCCA(イルブッカ)
(神戸市垂水区五色山8-1-55-103)
GoogleMapで探す
営業時間
ランチ  11:30~14:30
ディナー 17:00~22:00
定休日
水曜日
TEL
078-585-5829

Kiss PRESS編集部:井出

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる