街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

新緑の季節を存分に味わうパフェ!かき氷先行販売も

抹茶スイーツ「あまねや 大津長松店」実食レポ 姫路市

姫路市の人気和菓子店「あまねや 大津長松店」で楽しめる、新緑の季節にぴったりの抹茶スイーツを紹介します!
抹茶スイーツ「あまねや 大津長松店」実食レポ 姫路市 [画像]
姫路の「甘音屋」は、もともとの和菓子ファンだけでなく、若い世代も虜にしている和菓子屋さん。市内に3店舗展開しており、抹茶スイーツは、カフェを併設している「あまねや 大津長松店」の店内で食べられます。


抹茶スイーツ「あまねや 大津長松店」実食レポ 姫路市 [画像]
のれんをくぐると、ショーケースには「冷しみたらし」や、和三盆糖を使用したどら焼きなど、甘音屋の人気商品たちが美しく並んでいます。
抹茶スイーツ「あまねや 大津長松店」実食レポ 姫路市 [画像]
こちらの色とりどりの球体は最中。最中の、“薄茶色で四角い”今までのイメージをガラッと変えたルックスですよね。中の餡も、フランボワーズ、レモン、ラムネなど、和の素材にはないフレーバーが多く使われています。
「WA YOUパフェ kasane(かさね)抹茶」990円(税込)「WA YOUパフェ kasane(かさね)抹茶」990円(税込)
さて、「WA YOUパフェ kasane(かさね)」の抹茶フレーバーが登場しました!同じシリーズのパフェ「みたらし」と合わせて、一年中いただける定番人気メニューです。グラスの上にのった最中の皮と抹茶アイスが、パフェのフタのようになっていますよね。グラスの中では、抹茶エスプーマ、三笠の生地、白玉、小豆、抹茶ゼリー、バニラアイスが層に。和と洋の素材が融合して、この上ない魅力を振りまいています。
抹茶スイーツ「あまねや 大津長松店」実食レポ 姫路市 [画像]
ほどよい甘さにイチゴの酸味が心地いい~。食べ方に決まりはなく、ほとんどの人が、まず一番上の最中の皮と抹茶アイスを手でそのまま食べ、上から順に味わうそうです。最中の皮をスプーンで割って抹茶アイスごとグラスの中に押し込み、豪快に混ぜて食べる猛者もいるのだとか。
抹茶スイーツ「あまねや 大津長松店」実食レポ 姫路市 [画像]
苦みの少ない抹茶なので子どもも美味しく食べられそう。粒の形をしっかり残し丁寧に炊き上げた北海道産の小豆は、和菓子屋さんのパフェならではです。食べ進めるうちに、三笠の生地にバニラアイスが染み込んできて、じゅわっとした食感になるのもたまりません。最後までワクワクしながら食べられるパフェでした。
「薄乃糸(うすのいと)」1,100円(税込)「薄乃糸(うすのいと)」1,100円(税込)
そしてもう一品、昨年デビューした「薄乃糸(うすのいと)」を紹介します。かき氷の先行販売として、5月9日から期間限定で提供されます。まるでお弁当箱のような四角い器に入った抹茶の糸ピンスで、小豆と白玉が添えられており、真ん中にツヤツヤの丹波栗がトッピングされています。


抹茶スイーツ「あまねや 大津長松店」実食レポ 姫路市 [画像]
濃厚な宇治抹茶の糸ピンスが舌の上でふわっととろけ、小豆との相性も最高です!もともと氷に味がついているので、普通のかき氷のように味が薄くならず、最後まで美味しくいただけるのが特徴。不思議なのですが、全部食べたあとも身体が冷え過ぎない気がしましたよ。夏本番前のちょっと暑い日に、堪能したい抹茶スイーツですね。

写真

詳細情報

場所
あまねや 大津長松店
(姫路市大津区長松424-1)
GoogleMapで探す
営業時間
10:00~18:00
カフェ 12:00~18:00(L.O.17:00)
定休日
水曜日
TEL
079-239-1230
駐車場
駐車場12台あり

Kiss PRESS編集部:中嶋

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる