街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

待ち時間が楽しくなるカフェへ行ってきました!

自家製フルーツを使ったデザートが自慢「ピンポンカフェ」実食レポ 養父市

養父市内にあるちいさな看板が目印の『ピンポンカフェ』。自家製のフルーツをつかったスイーツやドリンクのほかにカフェ利用者限定で無料の卓球ルームがあるということで取材に行ってきました!
自家製フルーツを使ったデザートが自慢「ピンポンカフェ」実食レポ 養父市 [画像]
国道9号線を走っていると看板が見えてきます。看板の矢印通りに曲がると可愛いカフェが目の前に。お店の前には3台が駐車できるスペースがありますよ。


自家製フルーツを使ったデザートが自慢「ピンポンカフェ」実食レポ 養父市 [画像]
趣味でフルーツのジャムやマーマレードを作っていたことをきっかけに、新鮮なフルーツを活かしてたくさんの方に食べてもらいたいという想いから2020年10月にオープンしたお店では、自家製のフルーツをつかったスイーツやドリンクが季節問わず1年中楽しめます。
テーブル席3つ、カウンター席4つがありますよ。テーブル席3つ、カウンター席4つがありますよ。
店内は木のぬくもりを感じる優しい雰囲気、テーブル席とカウンター席があります。
自家製フルーツを使ったデザートが自慢「ピンポンカフェ」実食レポ 養父市 [画像]
テラス席では、お庭のお花が綺麗に咲いていました。お天気の良い日には時間を忘れてしまいそうなほど、ゆったりとした時間が流れています。
自家製フルーツを使ったデザートが自慢「ピンポンカフェ」実食レポ 養父市 [画像]
まずはメニューを頼みます。そして、“ピンポン”というお店のネーミングの通り、卓球も楽しめるカフェということで待ち時間はカフェの隣の「ピンポンルーム」に案内していただきました。
自家製フルーツを使ったデザートが自慢「ピンポンカフェ」実食レポ 養父市 [画像]
カフェ利用者限定で利用は無料。「待ち時間に楽しんでほしい」という思いで開放されているピンポンルームの卓球台は公式サイズより小さめで本格的にというより、お友達や家族で手軽に遊ぶのに最適。卓球目的に訪れる親子ファンもいるほど大人気だそうです。ラケットやボールもレンタルでき、待ち時間があっという間に過ぎました。
ガトーショコラ 350円(税込)ガトーショコラ 350円(税込)
さて、今回ご紹介するのは人気No.1の「ガトーショコラ」です。全て自家製のフルーツを使用しており、夏みかん3種(果肉・皮ピール・ジャム)にブルーベリーとキウイが盛り付けされています。手作りのジャムは甘すぎずジューシーな味が楽しめます。ケーキはフルーツの美味しさを感じやすいように作られていて、優しい甘さでもったりせず、ペロリと食べてしまいました。
スコーン~自家製ジャム添え~ 400円(税込)スコーン~自家製ジャム添え~ 400円(税込)
お次は、ころんと可愛いスコーンと一緒にブルーベリーのジャムとゆずのマーマレード。ゆずの皮が入ったマーマレードはゆず好きにはたまらない味ですね。コーヒーや紅茶と合わせるのがおすすめだそう。
自家製ブルーベリージュース 500円(税込)自家製ブルーベリージュース 500円(税込)
果肉たっぷりのブルーベリージュースは濃厚ですが後味はあっさりとしていて子供から年配の方まで美味しく飲めそうです。見た目もカラフルで思わず気分が上がってしまいますね。
初めて見る綿繰り機に感動しました!初めて見る綿繰り機に感動しました!
「コロナ渦の中、オープンしたカフェなのでお客さんが少なくなっても一喜一憂せず、お店を開け続けたい。」と話すのは店長の松田さん。店内に飾ってあった綿繰り機(わたくりき)という綿を種と繊維に分ける道具で「種がぽろっと落ちるのが可愛いんです。」と説明してくださり、筆者自身も初めて体験させていただきました。
自家製フルーツを使ったデザートが自慢「ピンポンカフェ」実食レポ 養父市 [画像]
また、店内には松田さんのお母さん手作りの“畳へりバッグ”が並んでいます。畳のへり部分の生地を使用しておりとっても軽いのが特徴。デザインや色などは全て違う1点物のバッグはご近所さんに人気なんだそう。他にもハンドメイドのアクセサリーがたくさん。お気に入りの1点を見つけてみてください。
フルーツドライ柿 500円(税込)フルーツドライ柿 500円(税込)
「ピンポンカフェ」では、数量限定でドライフルーツを販売されています。11月~12月が旬の柿を1年中楽しめるのは嬉しいですね。種がない柿を厳選して輪切りされた断面はお花みたいでとっても可愛いので、お土産やプレゼントにもぴったりですね。


自家製フルーツを使ったデザートが自慢「ピンポンカフェ」実食レポ 養父市 [画像]
アットホームな雰囲気と気さくなお店の方々に筆者も癒されました。おすすめの時間帯は午前中が狙い目だそう。普通のカフェとは一味違う、ユーモアや人の温かさがたくさん詰まった「ピンポンカフェ」にぜひ行ってみては。

詳細情報

店舗
ピンポンカフェ
養父市八鹿町八木2095
GoogleMapで探す
営業時間
9:00~17:00
定休日
日曜日、月曜日
TEL
090‐2114‐8749

Kiss PRESS編集部:大平

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる