街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

“一期一会のお菓子”を楽しむ!話題沸騰中のコーヒースタンド

『ansisi coffee(アンシシコーヒー)』実食レポ 神戸市垂水区

コーヒーと焼き菓子の香ばしい匂いに惹かれ、『ansisi coffee(アンシシコーヒー)』を訪れました。神戸市垂水区・垂水駅から徒歩3分、商業施設「ウエステ垂水」の1階北側にありますよ。
『ansisi coffee(アンシシコーヒー)』実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
2017年7月、“本格的なスペシャリティコーヒーとホームメイドのお菓子が楽しめるコーヒースタンド”としてオープン。昔ながらの喫茶店と今どきのカフェが立ち並ぶ垂水エリアで話題沸騰中のお店です。


「恥ずかしいから遠目で…」と撮影に応じてくださいました「恥ずかしいから遠目で…」と撮影に応じてくださいました
こちらが店長の五味さん。前職はスポーツ用品店でお仕事をされていたそうです。コーヒーや甘いものが好きで「好きなことを仕事にしたい」と思い切って飲食業界に転職!大手コーヒーチェーン店や喫茶店で経験を積みながらスペシャリティコーヒーとお菓子作りを独学で勉強し、出身地である垂水にお店を開きました。
『ansisi coffee(アンシシコーヒー)』実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
ショーケースにはホームメイドのお菓子がずらりと並びます。定番メニューのマフィン4種類、スコーン3種類の他に、日によってケーキがあったりなかったり!?「メニューは気まぐれなんですよ」と聞いて驚きました。
「抹茶ホワイトスコーン」440円(※デコレーションは日によって変わります)「抹茶ホワイトスコーン」440円(※デコレーションは日によって変わります)
新緑の季節にクリスマス仕様のスコーンが並んでいるのを見つけ、さらにびっくり!これもスタッフさんのアイデアだそうですよ。「お客様には来店時に出会ったお菓子を楽しんでほしい。“一期一会のお菓子作り”を心がけているんです」とこだわりを語ってくださいました。
『ansisi coffee(アンシシコーヒー)』実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
メニューはイートインorテイクアウトで楽しめますよ。せっかくなので今回はイートインスペースでお勧めのメニューを頂くことにしました。お皿いっぱいに並ぶホームメイドのお菓子に気分が上がります!
「TARUMIブレンド」ホット・Sサイズ 430円(※水出しアイスコーヒーは450円)「TARUMIブレンド」ホット・Sサイズ 430円(※水出しアイスコーヒーは450円)
スペシャリティコーヒー6種類から五味さんがお勧めしてくださったのは「TARUMIブレンド」。浅煎り2種類、深煎り1種類の豆からブレンドした1番人気のメニューです。

一口飲んでみるとフルーティーでマイルド、後からちょっぴり苦味を感じました。「コーヒーには“美味しい苦味や酸味”があるので、まずは試して頂いて楽しみ方を増やしてほしい」とお話してくださいました。
空気圧をかけて一気に圧縮!空気圧をかけて一気に圧縮!
エアロプレスという器具を使って空気圧をかけながら抽出したコーヒーは、コクがありながらもスッキリした飲み口に仕上がるそうです。「TARUMIブレンド」はお店でコーヒー豆も販売しているので、おうち時間のカフェブレイクに楽しむのもよさそうですね。
『ansisi coffee(アンシシコーヒー)』実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
アメリカやイギリスのお母さんが作るようなホームメイドのお菓子にヒントを得たメニューは、おしゃれで特別感がありながらも、どこか懐かしさを感じる味わい。これがコーヒーとの相性抜群なんです!
左上から時計回りに「大学芋マフィン」390円、「ビクトリアスポンジケーキ」490円、「ラムレーズンバターサンドスコーン」420円、「カップキャロットケーキ」390円左上から時計回りに「大学芋マフィン」390円、「ビクトリアスポンジケーキ」490円、「ラムレーズンバターサンドスコーン」420円、「カップキャロットケーキ」390円
「お菓子作りもお店も、楽しみながら作っていきたい」と話す五味さん。自分が食べたいと思うお菓子を第一に考え、味や仕上がりを想像しながら新メニューを開発しているそうです。「ラムレーズンバターサンドスコーン」には自家製のラムレーズンが使われており絶品でした。
「いちごあんバタースコーン」440円「いちごあんバタースコーン」440円
中でもイチオシは「いちごあんバタースコーン」です。バター不使用、菜種油と無調整豆乳で作られたスコーンは外はザクザク、中はしっとりの食感が特徴です。
「いちごあんバタースコーン」440円「いちごあんバタースコーン」440円
いちご、あんこ、ホイップクリーム、それぞれの甘さが調和されて美味しい!筆者はそのまま頂きましたが、お好みでバターをディップできますよ。5月末頃までの期間限定メニューなので、お早めにチェックしてくださいね。
『ansisi coffee(アンシシコーヒー)』実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
おしゃれな雰囲気の店内は、海外のコーヒースタンドをイメージしているそう。駅前という立地もあり、地元の方には「帰宅前にホッと一息できる憩いの場」として親しまれています。口コミやSNSで話題となり、週末には大阪など遠方から訪れる方も多いんだとか。
カウンター・テーブル合わせて10席カウンター・テーブル合わせて10席
この日は開店直後に伺いましたが、お客さんが続々と集まりショーケースに並ぶ“一期一会のお菓子”をテイクアウトされていましたよ。メニューは追加焼きしないので、早くなくなってしまうお菓子もあります。クッキーやトースト系もあるので、お店の公式インスタグラムをチェックしてその日その日で楽しみ方を変えるのもよさそうですね。
『ansisi coffee(アンシシコーヒー)』実食レポ 神戸市垂水区 [画像]
店名の『ansisi』はギリシャ語で“花開く”という意味。「いつか花が咲くなら今は蕾でもいい。蕾を大事に育てることができる人でいたい」と話す五味さん。「気まぐれでマイペース」と謙遜されますが、お仕事に真摯に向き合う姿からプロフェッショナルな素顔を垣間見ることができました。



垂水の街で大きく花開く話題のコーヒースタンド、みなさんもチェックしてみてくださいね。

写真

詳細情報

場所
『ansisi coffee』
ウエステ垂水 1階
(神戸市垂水区天ノ下町1-1)
GoogleMapで探す
営業時間
12:00~19:00
定休日
毎週水・木曜日(不定休あり)
※詳細はこちらから
問い合わせ
TEL 078-777-8702

Kiss PRESS編集部:澄田

PR

新世代ジャズフェス~至上の愛と至福の音楽体験を
新世代ジャズフェス~至上の愛と至福の音楽体験を

新世代ジャズフェス~至上の愛と至福の音楽体験を

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる