街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

神戸の玄関口としてふさわしくにぎわいのある空間へ

「JR三ノ宮新駅ビル」2029年度に開業予定 神戸市中央区

JR西日本、都市再生機構(UR)西日本支社、神戸市が進めている「JR三ノ宮新駅ビル」と三宮周辺地区の再整備について、開発方針の方向性がまとまったとして計画の概要が発表されました。
JR三ノ宮新駅ビル外観(全景)<br />
※画像は全てイメージパースJR三ノ宮新駅ビル外観(全景)
※画像は全てイメージパース

神戸の玄関口としてふさわしくにぎわいのある「人が主役の居心地のよいまち」を目指し、官民連携のもと様々な再整備を進めています。


JR 三ノ宮新駅ビル外観JR 三ノ宮新駅ビル外観
「JR三ノ宮新駅ビル」には、神戸の産業や多様な食文化を背景とした付加価値の高い“モノ”、や地域生活者の生活を豊かにする“コト・トキ”を提案する商業施設、上質で洗練された客室・ロビー空間を設えるホテル、コワーキングなどの人々が交錯・交流し新たな価値を創造するオフィス、面積約2,500㎡の広場空間(駅前広場上空デッキ)を導入予定。
駅前広場上空デッキ(ミント神戸前から南西を望む)駅前広場上空デッキ(ミント神戸前から南西を望む)
駅前広場直上にデッキを整備することで、居心地の良い待合空間を形成するとともに、三宮クロススクエアと連動したエリアマネジメントの推進により恒常的なにぎわい創出を図ります。JR三ノ宮新駅ビルは2023年度から着工され、2029年度に開業予定。
JR 三ノ宮新駅ビル及びその周辺の乗換動線イメージJR 三ノ宮新駅ビル及びその周辺の乗換動線イメージ
また、新駅ビルがオープンすることで、新駅ビルの低層部と三宮クロススクエアとが一体となったにぎわい空間の創出、駅と駅をつなぐ見通しが良くわかりやすい乗換動線の確保など、神戸の玄関口にふさわしい魅力的な空間の創出を目指します。
三宮クロススクエア(東側・第1段階)のイメージ三宮クロススクエア(東側・第1段階)のイメージ
担当者は「神戸が持つ魅力を発信し、新たな神戸ブランドの創出すること、また6つの駅の間の乗換動線を快適にし、街の一体感を醸成することで、神戸エリアのハブである三宮周辺地区の機能向上とプレゼンス向上を目指していきます。新駅ビルと三宮クロススクエアを一体的に活用し、周辺の関係者が連携して恒常的なにぎわいを生み出すエリアマネジメントを実現することで、三宮周辺地区の活性化を目指していきます」とコメントしています。

詳細情報

開業予定
2029年度
名称
JR三ノ宮新駅ビル
(神戸市中央区雲井通8丁目1-2)
GoogleMapで探す

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる