街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

オリジナルの「恋みそ」が万能すぎて手放せなくなりそうです!

『家庭料理こいのえん』実食レポ 宝塚市

友人から最近『家庭料理こいのえん』で作られている『恋みそ』にはまっているという話を聞き、すごく気になったので早速行ってきました。
『家庭料理こいのえん』実食レポ 宝塚市 [画像]
『家庭料理こいのえん』実食レポ 宝塚市 [画像]
場所はJR宝塚駅の北側出口から出てすぐ、ユニベール宝塚のすぐ近くのビルの2F。


『家庭料理こいのえん』実食レポ 宝塚市 [画像]
こじんまりとした店内はすごくアットホームでほっこりとする雰囲気。テーブル席の他にカウンター席もありました。

料理好きの奥様とご主人のお二人で営むこのお店。ご主人のお姉さんが宝塚歌劇団OGで、現役時代に楽屋弁当を差し入れしていたのがお店誕生のルーツだとか。奥様の作る料理はかなり好評だったそうです。
恋みそ (150g)500円<br />
※賞味期限は要冷蔵で30日ぐらいです恋みそ (150g)500円
※賞味期限は要冷蔵で30日ぐらいです

そんな奥様が試行錯誤を重ねて開発したのが、今回のお目当てでもある"みそに恋する"『恋みそ』。最初は友人に配るぐらいだったのが、その絶妙な味が評判になり、「お金を出してでも欲しい」という方が増えてきたので商品化することに。

さらには「せっかくなら恋みそを使った料理を食べたい」という声に背中を押され、『家庭料理こいのえん』を出店することになったそうです。
<左>きゅうりの恋みそがけ(先付) 300円(税込)<br />
<右>イカの白和え 400円(税込)<左>きゅうりの恋みそがけ(先付) 300円(税込)
<右>イカの白和え 400円(税込)

筆者もせっかくなので恋みそ料理をいただきました。ご主人におすすめを聞き、まずは「きゅうりに恋みそがけ」と「イカの白和え」。

うまっ!と思わず声が出るぐらいで、評判通りの美味しさ。三温糖を使用しているという少し甘めの味がきゅうりにもイカにも相性抜群。

『恋みそ』には細かく刻まれた白ネギとピーマン、きゅうりが混ぜ合わされているのですが、食べるとたまにコリッとする食感がいい感じです。
餅に恋みそを塗り炙りました 200円(税込)餅に恋みそを塗り炙りました 200円(税込)
次に食べたのは「餅に恋みそを塗り炙りました」。餅に『恋みそ』を塗ってバーナーで炙ってあるですが、さっきまでの2品の時と違って香ばしい味になったみそがまた絶品。

何と合わせても美味しくしてくれる『恋みそ』の万能ぶり。この日は飲んでないですが、日本酒と一緒だと最高だろうな〜と思いました。
『家庭料理こいのえん』実食レポ 宝塚市 [画像]
『家庭料理こいのえん』では『恋みそ』を使ったメニューはもちろん、他にも心が温かくなるような家庭料理を食べさせてもらえます。食材があればその場でリクエストのメニューも作ってくれるそうです。
『家庭料理こいのえん』実食レポ 宝塚市 [画像]
そして最後にこの日の締めくくり。購入して自宅に持ち帰った『恋みそ』を炊きたてのご飯と一緒に!
『家庭料理こいのえん』実食レポ 宝塚市 [画像]
「ほっかほっかご飯+恋みそ」。もう他に何もいりません!ご主人おすすめの鉄板で王道の食べ方ですが、最高すぎました!ご飯がどんどんすすみます。



一度食べたらクセになりそうな『恋みそ』。家に常備しておきたくなりますよ。筆者もすでに手放せなくなりそうになっています。
販売はお店でしていますが、店にはなかなかいけないけど『恋みそ』は欲しいという方には、連絡をすれば発送もしてくれます。(送料別)

写真

詳細情報

店舗
家庭料理こいのえん
(宝塚市川面5丁目4-5 アルテ宝塚203)
GoogleMapで探す
営業時間
17:00−21:00
定休日
日曜日
TEL
090-3278-1600

Kiss PRESS編集部:藤村

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる