街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

尼崎をもっと好きになる!“たまれる古本屋”で運命の一冊を

地域パワー炸裂!街に愛される古本屋「二号店」尼崎市

地域に根付いたものを取り上げたいな。と探していると「最近、杭瀬が盛り上がってるらしいで」という噂を耳にし、杭瀬エリアについて調べていたところ...「二号店」という古本屋さんに出会いました。ここには"尼崎らしさ"が絶対にある...。そう感じ、さっそく取材へ行ってきました。
赤いのれんが目印赤いのれんが目印

杭瀬市場の歴史は遡ると戦後の闇市から庶民の味方として発展してきた市場なのだとか。八百屋や鮮魚店など複数のお店が網の目のように広がっています。その一角である杭瀬中市場に「二号店」があります。

「どんなところだろう?」少しドキドキしながらも二号店を目指して進んでいると、どのお店の人たちも元気いっぱいに挨拶してくれるのです。どちらかというとスーパーによく行っている筆者としては、とても懐かしい気持ちになりました。その陽気さやお客様との掛け合いをする様子は、まるで活気ある海外の市場にいるようです。

お店の前に着くと、店主の三皷さんが知人を迎え入れるかのようにあたたかく迎えてくれました。

まずお店を見学させてもらうと、木を基調とした落ち着いた空間に選び抜かれた本がびっしり!!コアなものを探し求める人から子供が喜びそうな可愛らしい絵本までなんでも揃ってあります。
子ども向け絵本子ども向け絵本
子ども向け絵本。なかには海外の絵本も。子ども向け絵本。なかには海外の絵本も。
圧倒されていると、さっそく1名のお客様が。きっと詳しい方なのでしょう、少し眺めたあとにサッと手にとった本を三皷さんに渡していました。その様子を見ていると、三皷さんは「あぁ、この本はいいですよね。」となぜ自分が好きなのかどこに魅力を感じたのかをお客様と話し、楽しそうに共感しあっていました。
三皷さんが是非手にとってほしいと願う「ちいさいモモちゃん」。三皷さんが是非手にとってほしいと願う「ちいさいモモちゃん」。
「こういうの、なんかいいなぁ。」そう感じながら、お客様を見送ったあとに色々と質問をさせてもらいました。

三皷さんの前職は印刷会社の人事部で仕事をされていたそう。そのころから本の魅力には惹かれていたそうですが、その理由も伺うと「こんなにも人のエネルギーが宿ったものは、本以外にないから。」という答えが返ってきました。ふ、深い...!!
通なものからアート本まで多種多様な本がずらり。通なものからアート本まで多種多様な本がずらり。
そして気になる「二号店」の開店についても聞いてみました。「古本屋仲間で常にイベントを開催しているような場所をどこかで作りたい」と考えていた三鼓さんは二号店の仕掛け人である杭瀬中市場の「好吃食堂」の若狭オーナーに相談。「それやったら杭瀬でどう?ただの古本屋じゃ何か物足りない。イベントをしたりもっと地域のみんなが気軽に集えたり本や地域を愛する人が繋がっていくような場所にできへんかなぁ?」という助言があり、京都や岸和田などに店を構える古本屋の仲間たちとそれぞれのオーナーがこだわりの一冊を販売スペースに置けるようなシステムにしたそう。
お店ごとに区切った、販売スペースお店ごとに区切った、販売スペース
...さて、勘のいい方はここで気付いたでしょうか? そう。このシステムこそが、店名の由来なんです!"それぞれの二号店になるように"という想いが込められているんだそう。やっぱり深い。
地域パワー炸裂!街に愛される古本屋「二号店」尼崎市 [画像]
この時点で筆者は完全に、このユニークなお店を仕切る三皷さんのファンになっていたのですが...このお店の「嘘やろ?」はまだ続きます。(笑)

なんと、店番は地域の方々が日替わりで運営されているんです。入り口にあるこちらの黒板。ずっとなんだろうな、と気になってはいたんです。まさか店番の予定表だったなんて...。
懐かしさを感じる黒板は、店番の予定表懐かしさを感じる黒板は、店番の予定表
今の日本でこのようなスタイルをとっているお店はないのではないでしょうか。話を聞いてみると、店番は本が好きな人だったり、地域に住む学生さんだったり、尼崎の地域と関係する職についている方だったりするんだそう。そして全て、立候補制なんだとか。

こうやって人と人との繋がりが大きく形成されていくんだと納得しました。

最後に、この仕事の面白さについて伺うと「その人が手にとった本で、その人のことがなんとなくわかるところが面白いよ。」と教えてくれました。
地域パワー炸裂!街に愛される古本屋「二号店」尼崎市 [画像]
帰り道に通ったお店では、「あ。おっちゃん久しぶりやん!元気してた?」と聞かれた店主が「アホ!俺が元気やない顔してたこといっぺんでもあるか?!」と満面の笑顔で返しているのを見て、すっかりこの街が大好きになった筆者でした(笑)



落ち込むことがあったり人と触れ合いたいときなどは、素敵な人たちが集う「二号店」できっと人生に影響を受ける一冊と出会うことができると思います。

詳細情報

場所
杭瀬中市場 二号店
(兵庫県尼崎市杭瀬本町1丁目18−12)
GoogleMapで探す
営業時間
11:00〜16:00
定休日
木曜日と店番がいない時
※公式インスタグラムにて要確認

Kiss PRESS編集部:藤木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる