2014 伊丹国際クラフト展 「酒器・酒盃台」 伊丹市

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

2014 伊丹国際クラフト展 「酒器・酒盃台」 伊丹市

 伊丹市立工芸センター(同市宮ノ前)で現在、2014 伊丹国際クラフト展 「酒器・酒盃台」が開かれている。

 清酒発祥の地・伊丹にちなみ、日本酒にこだわった「酒器・酒盃台」をテーマにした公募展で、国内外から応募のあった312人(うち海外33人)の出品者の中から選ばれた98人(うち海外14人)の作品563点が展示される。
 金属とエナメルを駆使した不定形の美しさが好評価を得た台湾から応募のWU Chin-Chihさんの作品「The Trace of Rainwater」や青いガラスと銀箔を何層にも重ねあわせて幻想的な世界を表現した川辺雅規さんの作品「幻想風景」など、改めて日本の酒文化の深さと広さを感じられる展覧会となっている。

 また、同展入賞・入選作家の器で地酒を楽しむイベントも実施。12月23日まで。

写真

詳細情報

タイトル
2014 伊丹国際クラフト展 「酒器・酒盃台」
開催期間
11月15日(土)~12月23日(火・祝)
開催時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
開催場所
伊丹市立工芸センター
(伊丹市宮ノ前2-5-28)
アクセス
JR「伊丹駅」下車北西へ徒歩6分
入場料
無料
問合せ
伊丹市立工芸センター
TEL 072-772-5557

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる