街を、もっとおもしろくKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
神戸ポートタワーをキャンバスに見立てたプロジェクションマッピング

神戸の街とアートを掛け合わせたアートプロジェクト

神戸ポートタワーをキャンバスに見立てたプロジェクションマッピング

神戸ポートタワーのリニューアルにあたり、2022年1月から2023年春にかけて神戸の街とアートを掛け合わせた「神戸ウォーターフロント アートプロジェクト」が始まります。
写真はイメージ写真はイメージ
プロジェクトの幕開けとして、1月14日より神戸ポートタワーをアートのキャンバスに見立てたプロジェクションマッピング「One and only」を開催。市民の花 アジサイ、フィッシュ・ダンスの鯉、港や街並みなどの神戸ならではのシーンや、縦長の投影面を活かした巨大なマネキンが出現するなど、世界観が次々と変わります。投影面は高さ40m程度、2月頃に高さ80m程度の投影範囲となる予定。


神戸ポートタワーをキャンバスに見立てたプロジェクションマッピング [画像]
映像制作はシムディレクト・タケナカが担当し、国内外で活躍する作家BAKIBAKIの伝統とストリートカルチャーの融合を体現した「BAKI柄」を加えたグラフィックシーンも登場するとか。そのほか、昼間はポートタワーの形状を活かしたグラフィック、夜間はライティングが実施されます。「One and only」の開催は2022年春まで。

<記者のひとこと>
神戸ポートタワーのライトが消えるのはさみしいな〜と思っていましたが、改装中も新たなイベントが行われるんですね!世界観が次々と変わるというプロジェクションマッピング、とても楽しみです!

詳細情報

期間
2022年1月14日(金)〜2023年春
※第1弾コンテンツ「One and only」は、2022年春まで
場所
神戸ポートタワー
(神戸市中央区波止場町5-5)
GoogleMapで探す
投影時間
19:00~22:00
毎時0分・30分の計7回、1回あたり約6分間
※足場ライトアップ時間は、日没~23:30

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる