街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
芦屋市立美術博物館『特別展 限らない世界 / 村上三郎』

国内の美術館では、初公開の作品を多数展示も

芦屋市立美術博物館『特別展 限らない世界 / 村上三郎』

芦屋市立美術博物館で現在、特別展『限らない世界 / 村上三郎』が開催されています。2022年2月6日まで。
芦屋市立美術博物館『特別展 限らない世界 / 村上三郎』 [画像]
同展では、日本を代表する前衛美術グループのひとつとして知られる具体美術協会(具体)の中心メンバー・村上三郎(1925~1996)さんの約50年にわたる活動を4章に分け、多角的に紹介しています。村上さんは、1955年の第1回具体美術展で、ハトロン紙を体当たりで突き破る作品、通称〈紙破り〉を発表。以降、この〈紙破り〉は彼の代名詞ともいえる作品となったといいます。

50年代から60年代にかけては、パフォーマンス的要素をもつ作品とあわせ、強烈なストロークで描かれた大型のタブローなどを発表し、平面作品での表現を追求していきます。「具体」解散後は、独自のパフォーマンス的要素を持つ作品を発表しました。



会場では《自画像》(1950前半)や村上彦(三郎)・白髪一雄二人展出品作である《危険なる均衡》(1954)といった、「具体」参加以前の作品のほか、第9回具体美術展に出品されてから所在不明であった《作品》(1960)、モチーフが大きく変化した1964年の具体美術新作展出品作《作品》(1964)〔すべて個人蔵〕など、当時の発表以降、国内の美術館では初の展示となる作品も公開されています。また、作品制作に関するメモや当時の手帳、記録写真といった未公開の資料も見どころです。

〈記者のひとこと〉
期間中は、講演会やスライドトークといった関連イベントも予定されており、併せて楽しむことで理解を深めることができそうですね。

詳細情報

開催期間
2021年12月4日(土)~2022年2月6日(日)
時間
10:00~17:00(最終入館16:30)
場所
芦屋市立美術博物館
(芦屋市伊勢町12-25)
GoogleMapで探す
休館日
月曜日※ただし1月10日は開館、1月11日は休館)
年末年始(12月28日~1月4日)
入館料
一般800円、大高生500円、中学生以下無料
※関西文化の日プラスのため、1月15日(土)は一律無料
問い合わせ
TEL 0797-38-5432

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる