兵庫五国を楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
月見山「TsukimiyamaCAFE(ツキミヤマカフェ)」オープン  実食レポ 神戸市須磨区

ほっこり豚汁で温まりたい日には・・・

月見山「TsukimiyamaCAFE(ツキミヤマカフェ)」オープン 実食レポ 神戸市須磨区

月見山駅から海側に歩いてすぐの交差点角に「豚汁と卵かけご飯のお店」が、先月21日にオープンしました。目印は「月見山まちづくり情報館」。ごはんカフェが見つからない!と素通りしないように注意ですよ(笑)。
「豚汁と卵かけご飯定食」1,000円(税込)「豚汁と卵かけご飯定食」1,000円(税込)
月見山の情報を発信しているスペースと「カフェ」のコラボという不思議な空間で、「豚汁と卵かけご飯」を味わえると聞いて、さっそく行ってきました。
主役級な具だくさん麦味噌豚汁主役級な具だくさん麦味噌豚汁
ここでの具だくさんな豚汁の存在は、定食の脇役のように添えられた汁ものではなく、栄養満点でたっぷりの野菜とお肉を一度に味わえる、主役の顔をしたおかずみたいな「食べる汁もの」。麦味噌使用で、まろやかなやさしい口当たりにも癒されます。この味を待っていました!って感じです。
「月見山」を連想させるこんもり卵「月見山」を連想させるこんもり卵
「卵かけご飯」は、兵庫県産キヌヒカリのご飯の上に、ふわっふわな枕崎のカツオがたっぷりかかっています。その真ん中に濃厚な味わいの卵「蘭王」を投入!まるで光る月が乗っているような卵かけご飯は、お膳の上に「プチ月見山」の出現をイメージさせてくれます。
「蘭王」の卵かけご飯は、濃厚でまろやか「蘭王」の卵かけご飯は、濃厚でまろやか
最初は卵とカツオとごはんの味だけで、シンプルに堪能するのがおすすめの食べ方。醤油などかけなくても、カツオの風味と卵や米粒の自然の甘みが大満足させてくれます。
老舗豆腐店の湯葉豆腐、卵かけご飯に佃煮を添えて老舗豆腐店の湯葉豆腐、卵かけご飯に佃煮を添えて
ちょっと味変したい時には、佃煮や柴漬けを添えると濃厚な卵かけご飯に。月見山で老舗の手造り豆腐店の「湯葉豆腐」と、季節を感じる小さなデザートも一緒に付いてくる定食は、カラダが喜ぶ内容になっています。
迷ったら情報館の看板を見つけて!迷ったら情報館の看板を見つけて!
ちょっとしたこだわりは、周辺のお店から食材を調達すること、そしてできるだけ地元食材を使って、身体にやさしいものを提供したいと話す店主は、月見山生まれの月見山愛に溢れている人物ですよ。
明るいごはんカフェの店内。食券を購入するスタイル明るいごはんカフェの店内。食券を購入するスタイル
いくつかの飲食店経営を経て、やっぱり大好きな月見山でお店がしたいと戻ってきた店主が、たまたま出会ったのが「まちづくり情報館」の持ち主。お互いの地元を活性化したいう熱い思いがうまく重なり、地域情報スペースとごはんカフェのコラボ誕生となったそうです。
会議室?それともカフェ?の不思議空間。だけど妙に心地いい会議室?それともカフェ?の不思議空間。だけど妙に心地いい
須磨、月見山界隈のパネルやビデオを見ながら食べる時間は、社会科見学のような面白み満載です。地域を知るにも、気軽に情報館に入るきっかけにもなり、食べ終わるころには、「にわか月見山人」に仲間入りしているかも⁉
サラダや日替わり小鉢も付いてアレコレ楽しめる定食サラダや日替わり小鉢も付いてアレコレ楽しめる定食
店主手作りの豚汁定食は、お昼過ぎには完売してしまう日もあるので、今日は豚汁が食べたい!って思い立ったら、早めに行くことをおすすめします。今後少しづつカフェメニューも増えていく予定なのでこちらも要チェックですよ。

詳細情報

オープン日
2021年10月21日(水)
場所
TsukimiyamaCAFE
神戸市須磨区月見山本町2丁目5-1 マルシマライフ101
GoogleMapで探す
営業時間
11:00~15:00(なくなり次第終了 )
※13:00過ぎに売り切れてしまうこともあります
定休日
火曜、水曜(祝日の場合は営業)
問い合わせ
店舗、完売状況は公式Instagramをご確認くださいこちら

Kiss PRESS編集部:三宅

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる