兵庫五国を楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
神出町 おいも専門店『oimo stand』 実食レポ 神戸市西区

カラダにやさしい「飲むおいもさん」にほっこり

神出町 おいも専門店『oimo stand』 実食レポ 神戸市西区

神出町楽農生活センターの中に、週末だけオープンしているテイクアウト専門「さつまいも農家のさつまいものお店oimo stand」があります。お芋を抱えたパグの看板が目印です。
とぼけた感じで出迎えてくれますとぼけた感じで出迎えてくれます
さつまいもに愛情を注ぐ「中井農園」が経営しているショップだからこそ「焼き芋の干し芋」「焼き芋」など、お芋のおいしさをまるごと味わえるメニューが並びます。ドリンクの「いも甘酒ミルク」に注目!どんな味だろうって気になったので、今回はこれを注文してみました。
「いも甘酒ミルク」1杯500円(税込)(ICE/HOT)「いも甘酒ミルク」1杯500円(税込)(ICE/HOT)
中井農園で収穫された「紅はるか」使用の「いも甘酒ミルク」は、砂糖を一切使用しない素材の甘さと、じわじわとくる芋味、麹の風味が口に広がります。米麴使用で、アルコールなしの甘酒だから、子どもたちもドライバーも安心。ミルクでさらにまろやかに、やさしさがいっぱい詰まったカラダに染み込むドリンクです。
青空の下で食べる焼き芋は最高のおやつ青空の下で食べる焼き芋は最高のおやつ
毎年秋の収穫後に貯蔵庫でベストな状態で保管、追熟されたさつまいもは、ほっこり濃厚な味と食感は文句なしに抜群!蜜がたっぷり入ったとろーり甘い「焼き芋」や、一度焼き芋にした状態から干し芋にする濃厚な「焼き芋の干し芋」は、すぐに売り切れてしまうほどの人気です。
ホクホク紅はるかの「焼き芋」1個400円(税込)<br />
写真:公式Instagramホクホク紅はるかの「焼き芋」1個400円(税込)
写真:公式Instagram

「焼き芋の干し芋」は、10月下旬頃に販売開始。翌年の春から初夏ぐらいまで、店頭で購入できる予定となっています。
「焼き芋の干し芋」1袋700円(税込)<br />
写真:公式Instagram「焼き芋の干し芋」1袋700円(税込)
写真:公式Instagram

ほかにも「自家製いも甘酒アイス」や、秋冬限定の「おいものポタージュ」も登場していますよ。青空を独り占めしながら、テラス席でゴクゴクと「飲むお芋」。ゆる~い時間を過ごすには、似合いすぎるロケーションと癒しの一杯です。
「パグとおいも」の看板が目印「パグとおいも」の看板が目印
「oimo stand」から車で5分の中井農園(こちら)では、10月から11月1週目ぐらいまで「芋掘り」も開催中。自然と土にまみれて秋を満喫しちゃいましょう。

※「oimo stand」へはこちらから、営業日やおいも情報を確認して、訪ねてくださいね。

写真

詳細情報

場所
「oimo stand」(おいもスタンド)
神戸市西区神出町小束野30-17 楽農生活センター敷地内
GoogleMapで探す
※テラス席ペット同伴可能
営業時間
11:00〜16:00
定休日
不定
営業日はこちらからご確認ください
※週末のみ営業
ONLINE SHOP
こちら
※「焼き芋の干し芋」は不定期販売
※収穫時期、追熟待ち等で品切れの場合があります。ご了承ください
問い合わせ
080-9506-7656

Kiss PRESS編集部:三宅

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる