兵庫陶芸美術館 特別展『ザ・フィンランドデザイン展-自然が宿るライフスタイル-』

「Modern Life!」をベースに学芸員が監修した決定版

兵庫陶芸美術館 特別展『ザ・フィンランドデザイン展-自然が宿るライフスタイル-』

兵庫陶芸美術館(丹波篠山市)で9月11日から11月28日まで、特別展『ザ・フィンランドデザイン展-自然が宿るライフスタイル-』が開催されます。
撮影者不詳 プンカハルユ(フィンランド)部分 1940-1959年 フィンランド国立写真美術館蔵撮影者不詳 プンカハルユ(フィンランド)部分 1940-1959年 フィンランド国立写真美術館蔵
豊かな自然と美しいデザインの宝庫である北欧国フィンランド。今回の展示会では、フィレンソン社やマリメッコ社のテキスタイルをはじめ、同時代の絵画、アルヴァ・アアルト(1898-1976)、カイ・フランク(1911-1989)ら巨匠たちのガラス工芸や陶磁器、家具など、世界中の人々を魅了し続けるフィンランドデザインの名品が一堂に集結。
ビルゲル・カイピアイネン 「パラティーシ」プレート他 1969-1974年 アラビア製陶所 ヘルシンキ市立博物館蔵 Photo/Yehia Eweisビルゲル・カイピアイネン 「パラティーシ」プレート他 1969-1974年 アラビア製陶所 ヘルシンキ市立博物館蔵 Photo/Yehia Eweis
2017年にフィンランド建国100周年を記念してヘルシンキ市立美術館で開催された「Modern Life!」という展覧会をベースに、同館学芸員が監修した「フィンランドデザイン展」の決定版!

タンペレ市立歴史博物館、フィンランド・デザイン・ミュージアム、コレクション・カッコネンなどのコレクション約250点と関連資料約80点が展示されます。「世界一幸せな国」と称されるフィンランドの人々の暮らしが、自然からインスピレーションを得た美しいデザインで彩られている様を楽しく体感できる幅広いラインナップです。

<担当者コメント>
兵庫陶芸美術館の位置するここ丹波の地は、カイ・フランクが1956年に訪れ、半農半陶で穏やかに暮らす丹波の人々の姿や、彼らが創り出す素朴で温かみのある陶磁器に親しみを覚え、深く感銘を受けたことでも知られています。そこには、時空を超えて通じ合う、豊かな自然と優れた手仕事に裏打ちされた美意識が感じられるのではないでしょうか。フィンランドの人々の豊かなライフスタイルから、私たちの暮らしのためのヒントを感じていただければ幸いです。

詳細情報

期間
2021年9月11日(土)~11月28日(日)
場所
兵庫陶芸美術館
展示棟 展示室1、2、4、5
(丹波篠山市今田町上立杭4)
GoogleMapで探す
開館時間
10:00~18:00
※入館は閉館時間の30分前まで
休館日
月曜日
※9月20日(月・祝)は開館、9月21日(火)は休館
観覧料
一般 1,000円、大学生 800円
高校生以下は無料
※70歳以上の方は半額
※17:00以降に入館の場合は夜間割引料金
※団体割引あり

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる