兵庫五国を楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!
『映画 太陽の子』

日米で描く“日本の原爆開発” ハリウッドを魅了した青春物語

『映画 太陽の子』

柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の共演で、太平洋戦争末期に存在した「F 研究」と呼ばれる“日本の新型爆弾開発”を基に、時代に翻弄されながら全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春群像物語『映画 太陽の子』が8月6日より公開されます。
©︎ELEVEN ARTS Studios/2021「太陽の子」フィルムパートナーズ©︎ELEVEN ARTS Studios/2021「太陽の子」フィルムパートナーズ
<ストーリー>
1945年の夏。軍の密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室の若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、原子核爆弾の研究開発を進めていた。研究に没頭する日々の中、建物疎開で家を失った幼馴染の朝倉世津(有村架純)が修の家に居候することに。時を同じくして、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰郷し、久しぶりの再会を喜んでいた。ひとときの幸せな時間の中で、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見る修と世津だが、一方で物理学に魅了されていた修も、その裏にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を見据えていた。それぞれの想いを受け止め、自分たちの未来のためと開発を急ぐ修と研究チームだが、運命の8月6日が訪れてしまう。日本中が絶望に打ちひしがれる中、それでも前を向く修が見出した新たな光とはー。
『映画 太陽の子』 [画像]

詳細情報

公開日
2021年8月6日(金)
監督・脚本
黒崎博
出演
柳楽優弥、有村架純、三浦春馬 ほか
配給
イオンエンターテイメント
劇場(兵庫)
OSシネマズ神戸ハーバーランド
MOVIXあまがさき
アースシネマズ姫路
TOHOシネマズ西宮OS
イオンシネマ三田ウッディタウン
TOHOシネマズ伊丹
イオンシネマ加古川

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる