【第七弾】ジュンク堂書店 三宮店による「今週のおすすめ3冊」

夏休みの1冊に!思わず夢中になる魚の本をご紹介

【第七弾】ジュンク堂書店 三宮店による「今週のおすすめ3冊」

ジュンク堂書店 三宮店(神戸市中央区)のスタッフが選ぶ「今週のおすすめ3冊」の第七弾!今週のテーマは「夏に読みたくなる魚の本」です。夏休みの1冊にいかがでしょうか?
ツッコミたくなるおさかな図鑑 おもしろすぎる!海の仲間たち<br />
出版社:ワニブックス 1,210円(税込) ツッコミたくなるおさかな図鑑 おもしろすぎる!海の仲間たち
出版社:ワニブックス 1,210円(税込)

●ツッコミたくなるおさかな図鑑 おもしろすぎる!海の仲間たち
 著者:さかなのおにいさんかわちゃん(著)、本村 浩之(監修)

「さかなのおにいさんかわちゃん」こと川田一輝さんの著作。「生まれて0秒で弱肉強食かい! 生まれた時からオジサンかい!などおさかなたちのおかしすぎる生態にツッコミを入れながら紹介する“世界一おもしろい”おさかな図鑑。4コマ漫画でわかりやすいので子どもから大人までみんなで楽しめます。おもしろくてためになる、お子様が環境問題を考えるきっかけにもなる良作です。ご自身で手掛けられているイラストもお見事!」とジュンク堂書店スタッフ。

ジュンク堂書店 三宮店では川田一輝さんのサイン会も開催決定!詳細はこちらから。
江戸博物文庫 魚の巻 水界の王族たち<br />
出版社:工作舎  1,760円(税込)江戸博物文庫 魚の巻 水界の王族たち
出版社:工作舎 1,760円(税込)

●江戸博物文庫 魚の巻 水界の王族たち 著者:工作舎 (編)

江戸期につくられた栗本丹洲「魚譜」などの彩色魚類図版から、海水魚を中心に約180種を収録したビジュアル本。和名の由来、味や調理法など食材としての魅力も紹介されています。どの魚も色も形も優美で、涼しげな一冊です。
グールド魚類画帖 十二の魚をめぐる小説<br />
出版社:白水社 4,400円 (税込)グールド魚類画帖 十二の魚をめぐる小説
出版社:白水社 4,400円 (税込)

●グールド魚類画帖 十二の魚をめぐる小説
 著者:リチャード・フラナガン(著)、渡辺 佐智江(訳)

2002年に英連邦作家賞を受賞した作品。タスマニアの孤島に流刑された画家グールド。残虐な獄につながれ、魚の絵を描き、処刑の日を待つが…。タスマニア出身の気鋭作家による、奇怪な夢想と驚きに満ちた世界。魚のカラー画収録。ジュンク堂書店スタッフは「絵がポイントの魚の本、と言っても小説です。流刑でタスマニア島に来た主人公グールドが描いた魚の絵にまつわる物語、なんてあっさり片付けられない、奇妙奇天烈でどこまでが想像で何が現実か分からない素晴らしい読書体験を得られます」とコメント。

詳細情報

店舗
ジュンク堂書店 三宮店
(神戸市中央区三宮町1-6-18)
GoogleMapで探す
10:00~21:00
7月は無休
※営業時間は変更する場合があります。

※その他の店舗詳細はこちらから
ネットストア
こちらから

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる