src-web03
『ROKKO森の音ミュージアム』オープン 神戸市灘区

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

『ROKKO森の音ミュージアム』オープン 神戸市灘区

六甲オルゴールミュージアムがリニューアル

六甲オルゴールミュージアム(神戸市灘区)は7月16日、『ROKKO森の音(ね)ミュージアム』としてリニューアルオープンします。
『ROKKO森の音ミュージアム』オープン 神戸市灘区 [画像]
1994年7月にアンティーク・オルゴールを中心とした自動演奏楽器などを展示、演奏する博物館「オルゴールミュージアム ホール・オブ・ホールズ六甲」として開館。2012年3月に名称を「六甲オルゴールミュージアム」に変更し、幅広い年代に親しまれてきました。

今回、“森の音=心に届くメッセージを受けて優しくなれるミュージアム”をコンセプトに、オルゴールの展示・演奏に加えて、旧ミュージアムガーデンを拡張・整備した「SIKIガーデン~音の散策路~」を造成。自然に包まれて、より心地よい時間が過ごせるような空間にリニューアルします。
SIKIガーデン 音のベンチSIKIガーデン 音のベンチ
SIKIドーム(イメージ)SIKIドーム(イメージ)
SIKIガーデンでは、音楽家による野外コンサートや「音」にちなんだ野外展示を実施。また、ハンモックやウッドデッキ、座ると自動的に音楽が流れる「音のベンチ」、透明の幕のみで仕切られた「SIKIドーム」などが設置され、プライベートなくつろぎ時間を過ごすことができます。
森の音ホール森の音ホール
森の音ホール(旧オルゴールミュージアム本館)では、アンティーク・オルゴールなどの展示、コレクションによる「演奏家のいないコンサート」が毎日行われます。現在1回15分間のコンサートは30分に、背もたれ付きの椅子を導入するなどよりゆったり楽しめるようになるそうですよ。
テラス席(イメージ)テラス席(イメージ)
また、旧シュトラウス・カフェも「森のCafé」として生まれ変わり、メニューも地産地消を意識したものへ一新。ワンプレートランチやセミセルフ式のカフェで気軽に利用できるようになります。店内だけでなく、SIKIガーデン内のテラス席での飲食もOK!緑に囲まれ開放的な空間でランチやティータイムが楽しめるのはいいですね!
ミュージアムショップ時音ミュージアムショップ時音
そのほかミュージアムショップ時音は、オルゴールだけでなく、天然木・音をモチーフとした雑貨、くつろぎグッズなども販売され、神戸オルゴールスタジオでは、自分だけの音色のオルゴール作りができる「オルゴール組立体験」が実施されます。

詳細情報

オープン
2021年7月16日(金)
場所
ROKKO森の音(ね)ミュージアム
(神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145)
GoogleMapで探す
※公式サイトは7月15日に公開予定
営業時間
10:00〜17:00(最終入場16:30)
※7月16日の営業開始時間は12:00
料金
大人(中学生以上)1,300円
小人(4歳~小学生)600円
※税込、コンサート料金を含む
休場日
2021年9月2日(木)、9日(木)
11月25日(木)~3月31日(木)の木曜日
12月31日(金)、2022年1月1日(土)
注意
新型コロナウイルス感染症対策の為、営業内容は変更となる場合があります。

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる