src-web03
現代アーティスト 中北紘子が旧居留地にギャラリーをオープン

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

現代アーティスト 中北紘子が旧居留地にギャラリーをオープン

神戸・カリフォルニア拠点に制作活動を行う兵庫県生まれの芸術家

神戸・カリフォルニアを拠点に制作活動を行う現代アーティストの中北紘子さんのギャラリー『Hiroko Nakakita』が4月27日、神戸旧居留地にオープンしました。
” moment “ 2019 mixed media on canvas 撮影:藤塚光政(Instagramから)” moment “ 2019 mixed media on canvas 撮影:藤塚光政(Instagramから)
中北紘子 <br />
撮影:操上和美中北紘子 
撮影:操上和美

兵庫県生まれの中北さんは、東京藝術大学大学院美術研究科 絵画科油画専攻修士課程修了後、本格的に創作活動を開始。ドリップペインティングの手法を土台に、絵の具やメディウムから砂や紙といった幅広い素材を用いて絵画を生み出しています。近年では2021年にアメリカ・ニューヨークで個展を行うなど、作品を国内外で発表。活動の場を広げています。
内装:細尾直久(HOSOO architecture)内装:細尾直久(HOSOO architecture)
音楽を大沢伸一さんが手がけたギャラリーは神戸・旧居留地にある近代建築「シップ神戸海岸ビル」の1階。金曜日から月曜日までの11時から18時までオープンしています。

詳細情報

名称
『Hiroko Nakakita』
場所
神戸市海岸通3 シップ神戸海岸ビル1階
GoogleMapで探す
営業時間
金~月曜日 11:00~18:00
休廊日
火~木曜日

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:田中

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる