src-web03
神戸市立博物館 伊能図上呈200年記念特別展「伊能忠敬」

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

神戸市立博物館 伊能図上呈200年記念特別展「伊能忠敬」

伊能忠敬らによって作製された地図やその写しを展示

神戸市中央区の神戸市立博物館で7月10日から『伊能図上呈200年記念特別展「伊能忠敬」』が開催されます。
伊能小図西日本 文政4年(1821)頃[通期展示] 神戸市立博物館蔵伊能小図西日本 文政4年(1821)頃[通期展示] 神戸市立博物館蔵
1800(寛政12)年閏4月19日にはじまり、あしかけ17年を要した伊能忠敬らによる測量事業。その成果は、1821(文政4)年7月10日に孫の忠誨(ただのり)によって、「大日本沿海輿地(よち)全図」として幕府に上呈されました。それから200年の節目にあたる令和3年、展覧会では最新の科学研究調査の成果を踏まえながら、忠敬らによって作製された地図やその写しを展示することで、忠敬の足跡を振り返ります。
【国宝】伊能忠敬像 文政4年(1821)頃[通期展示] 伊能忠敬記念館蔵【国宝】伊能忠敬像 文政4年(1821)頃[通期展示] 伊能忠敬記念館蔵
関連事業として、伊能図完成200年記念シンポジウム「伊能図の魅力を科学する!」(7月17日)やスペシャル・トーク「伊能図トーク」(8月7日)、記念講演会「伊能図の伝播と地域社会―大村藩天文方・峰源助について」(8月21日)なども開催されますよ。また、子ども向けイベントとして、コーヒー染めでアンティーク古地図を作る「ジュニアミュージアム講座」も8月1日の午前・午後の2部制で開催。こちらは夏休みの自由研究にも良さそうですね。

詳細情報

会期
前期:2021年7月10日(土)~8月1日(日)
後期:8月4日(水)~8月29日(日)
会場
神戸市立博物館(神戸市中央区京町24番地)
GoogleMapで探す
休館日
毎週月曜 ※ただし8月9日(月・祝)は開館
8月3日(火)、8月10日(火)
開館時間
9:30~17:30(金曜と土曜は19時30分まで)
※入場は閉館の30分前まで
入場料
一般・当日1,400(1,200)円、大学生・当日700(500)円、高校生以下無料
※( )内は団体料金
※神戸市在住で満65歳以上の方は、当館券売窓口にて証明書類の提示により700円
※障がいのある方は障がい者手帳などの提示で無料

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:田中

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる