姫路文学館『誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界』姫路市

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

姫路文学館『誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界』姫路市

“いいチョッキだね ちょっときせてよ” 名作絵本の原画展

2019年に45周年をむかえてなお、多くの子どもたちに親しまれている名作絵本『ねずみくんのチョッキ』などで知られる作家・なかえよしを、画家・上野紀子夫妻の世界を楽しめる特別展『誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界』が6月19日、姫路文学館(姫路市山野井町)で始まりますよ。期間は8月15日まで。
姫路文学館『誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界』姫路市 [画像]
絵本『ねずみくんのチョッキ』は1974年に刊行されると、鉛筆で描かれたモノクロの絵、最小限の文章、余白を生かした美しい構図で注目を集めました。同展ではシリーズ最新作を含む絵本原画、スケッチなど約180点を紹介するほか、上野さんが絵を手掛け、小学校の教科書にも掲載された『ちいちゃんのかげおくり』の原画、油絵「少女チコ」シリーズの作品なども見ることができますよ。小学生以下の子どもたちには、ねずみくんのチョッキと耳のプレゼントもあるとのこと。

また7月17日には、プロの人形劇団として活動するクラルテによる人形劇も上演。色々な動物たちが登場する人形劇で、子どもたちが生の舞台芸術を体験するのにもぴったりですね。参加には公式サイトの専用フォームなどから事前申し込みが必要となってます(応募者多数の場合は抽選)。

人形劇「うさぎのおうち/ゴリラのパンやさん」
2021年7月17日(土)11:00~12:00(開場15分前)
出演 人形劇団クラルテ
定員 80人
対象 お子様とその保護者(大人だけでの参加は不可)
参加方法 姫路文学館公式ホームページの専用フォームなどから事前申し込みが必要
※応募者多数の場合は抽選
※受付は6月25日(金)まで

詳細情報

開催期間
2021年6月19日(土)~8月15日(日)
時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所
姫路文学館
(姫路市山野井町84)
GoogleMapで探す
休館日
月曜日
※8月9日(月)は開館
入館料
一般700円、大学・高校生400円、中学・小学生200円
問い合わせ
姫路文学館
TEL 079-293-8228

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる