JICA関西食堂 映画『ブータン 山の教室』公開記念でブータン料理を提供

このイベントは終了しました。

関西ではなかなか味わえないブータン料理が登場

JICA関西食堂 映画『ブータン 山の教室』公開記念でブータン料理を提供

ヒマラヤ山脈、標高 4800mにある秘境ルナナ村に響くブータン民謡。都会から来た若い先生と、村の人たちと子どもたちの心の交流を描いた感動作『ブータン 山の教室』。本作の公開を記念し、様々な国のエスニック料理が楽しめるJICA関西食堂 (神戸市中央区)は5月31日まで、関西ではなかなか味わえないブータン料理を提供しています。
紫黒米入りごはん、パクシャパ(豚肉と大根のピリ辛炒め煮)、プタ(焼きそば)、ヘンツェジャジュ(唐辛子と青菜のチーズ風味スープ)740円(税込)紫黒米入りごはん、パクシャパ(豚肉と大根のピリ辛炒め煮)、プタ(焼きそば)、ヘンツェジャジュ(唐辛子と青菜のチーズ風味スープ)740円(税込)
「世界一辛い!」と言われるブータン料理。町ではトウガラシがキロ単位で売られていて、香辛料というよりは、野菜としてたくさん食されています。見た目は肉じゃがのような「パクシャパ」は食べるとピリリとして刺激的な味。ブータンではソバも栽培されており、蕎麦粉を使って麺にしたものを「プタ」と呼びます。今回のメニューにもトウガラシが使われていますが、食べやすいように辛さはマイルドに調整されているそうです。
JICA関西食堂 映画『ブータン 山の教室』公開記念でブータン料理を提供 [画像]
また、ブータンに派遣されたJICA海外協力隊の活動を写真とともに紹介するパネル展も開催中。ブータンでは医療サービスは無料(一部を除く)とされていますが、この映画のように山岳地域などは地理的要因や交通事情により、高度医療へのアクセスは容易ではありません。そのため、日ごろの衛生教育や予防医療が大切とされています。

今回のパネル展では看護師の資格を持つJICA海外協力隊員が山の小学校で授業をしていた様子を紹介。本作の撮影オフショット写真も展示されているそうですよ。
©︎2019 ALL RIGHTS RESERVED©︎2019 ALL RIGHTS RESERVED
映画『ブータン 山の教室』は兵庫県ではシネ・リーブル神戸(神戸市中央区)にて上映予定。(当面の間休館中)

<映画『ブータン 山の教室』ストーリー>
教師のウゲンは、歌手になりオーストラリアに行くことを密かに夢見ている。だがある日、上司から呼び出され、標高4,800 メートルの地に位置するルナナの学校に赴任するよう告げられる。すぐにでもルナナを離れ、街の空気に触れたいと考えていたウゲンだったが、少しずつ自分のなかの“変化”を感じるようになる。

詳細情報

期間
2021年4月26日(月)~5月31日(月)
店舗
JICA関西食堂
(神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
GoogleMapで探す
営業時間
11:30〜14:00、17:30〜20:00
※営業時間短縮中
問い合わせ
078-261-0341(代表)
映画 『ブータン 山の教室』
2021年4月3日より順次公開
監督:パオ・チョニン・ドルジ
出演:シェラップ・ドルジ、ウゲン・ノルブ・へンドゥップ、ケルドン・ハモ・グルン ほか
配給:ドマ

Kiss PRESS編集部:木下

Kiss PRESS メールマガジン
続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる