兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?―2,000年前のひょうご―」

このイベントは終了しました。

ムラからクニへと発展する大きな社会の変化が起こった時代

兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?―2,000年前のひょうご―」

兵庫県立考古博物館(加古郡播磨町)で4月17日から7月4日まで春季特別展「弥生時代って知ってる?―2,000年前のひょうご―」 が開催されています。4月25日〜5月11日まで臨時休館。
兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?―2,000年前のひょうご―」  [画像]
近年の研究の進展により、弥生時代は1,000年以上の長い時代であったといわれています。大陸との交流を背景に水田稲作や金属の使用がはじまり、ムラからクニへと、現在のくらしの元となる大きな社会の変化が起こった時代です。同展では、弥生時代の様々なトピックがわかりやすく紹介され、歴史を学ぶこどもたちをはじめ幅広い年代が楽しめます。
兵庫県立考古博物館 春季特別展「弥生時代って知ってる?―2,000年前のひょうご―」  [画像]
展示は複製品ですが、福岡県志賀島出土の金印「漢委奴国王」、国内最大級の環濠(かんごう)集落である吉野ヶ里遺跡(佐賀県)から出土した「把頭飾付有柄細形銅剣(はとうしょくつきゆうへいほそがたどうけん)」、加古川市八幡町上西条の通称「望塚」と呼ばれる塚付近から大正時代に発見された県指定重要文化財「望塚銅鐸(ぼんづかどうたく)」(同館蔵)などの展示品は必見!

期間中には、講演会や遺跡ウォーク、体験講座などもイベントも開催予定。詳細はこちらをチェックしてくださいね。

詳細情報

期間
2021年4月17日(土)~7月4日(日)
※4月25日〜5月11日まで臨時休館
場所
兵庫県立考古博物館
(加古郡播磨町大中1-1-1)
GoogleMapで探す
時間
9:30~18:00(入場は17:30まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は翌平日)
料金
大人 500円、大学生 400円、高校生以下無料
問い合わせ
兵庫県立考古博物館
TEL 079-437-5589

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる