神戸ゆかりの美術館 特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

神戸ゆかりの美術館 特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」

江戸戯画から近代漫画までを辿る漫画の歴史

神戸ゆかりの美術館(神戸市東灘区)で4月24日より、特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」が開催されます。7月4日まで。
神戸ゆかりの美術館 特別展「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」 [画像]
いまや世界共通言語となった日本の漫画(MANGA)。その起源には様々な説があり、本展の監修者・清水勲氏は、印刷出版文化が発達した江戸時代の戯画を、現代日本で認識されている漫画的な表現の出発点としています。

江戸時代には、木版技術が発展し、版本や浮世絵版画といった出版物が庶民の手に届く値段で販売され、生活文化の中に浸透していったためです。そうして絵巻の中で熟成されてきた漫画的表現(戯画)が、大衆も楽しめる新しい絵画表現として完成しました。

本展では、江戸戯画から明治・大正期の諷刺漫画雑誌、昭和戦中期の子ども漫画等、前・後期合わせて約320点の作品・資料を通じて日本の漫画の変遷を展覧します。5月30日までの前期、6月1日からの後期に分けて実施。

詳細情報

期間
2021年4月24日(土)~7月4日(日)
場所
神戸ゆかりの美術館
(神戸市東灘区向洋町中2丁目9-1)
GoogleMapで探す
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
毎週月曜日(5月3日は開館)、5月6日(木)
入館料
一般1,200円、大学生600円
※学生証・生徒手帳を提示の小中高校生は無料
※神戸市居住の65歳以上の方は一般料金の半額

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる