奇跡の星の植物館『淡路夢舞台ラン展FINAL―ランが伝える生きる力―』淡路市

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

奇跡の星の植物館『淡路夢舞台ラン展FINAL―ランが伝える生きる力―』淡路市

見る者を圧倒するランからボタニカルアートまで魅力満載

淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」(淡路市)で1月23日、特別展『淡路夢舞台ラン展FINAL―ランが伝える生きる力―』が始まります。期間は4月11日まで。
奇跡の星の植物館『淡路夢舞台ラン展FINAL―ランが伝える生きる力―』淡路市 [画像]
2005年に始まって以来、毎年人気の企画展で、今回は淡路島全域で繰り広げられる「花みどりフェア」(3月20日~)の開催に合わせ期間を延長するほか、前半「ランで創るアメージングガーデン」と後半「花見の庭―ランと桜―」をテーマに展示替えも行われます。
奇跡の星の植物館『淡路夢舞台ラン展FINAL―ランが伝える生きる力―』淡路市 [画像]
期間中の同館ホワイエには、甘い香りでスズメガを誘う巨大アングレカムのオブジェが展示され、蛾と蘭の共進化を目の当たりにすることができます。また、「世界らん展日本大賞2008」をはじめ多数の受賞歴で知られる斉藤正博さんが、26年の年月をかけて幅1.9メートル×高さ1.0メートル、1株で260輪もの花をつける大きさまで育成した「カトレヤ・トリアネ」も登場。これぞ王者!と思わずため息をつきたくなるような圧倒的な存在感は貴重です。
奇跡の星の植物館『淡路夢舞台ラン展FINAL―ランが伝える生きる力―』淡路市 [画像]
そのほか、将軍から歌舞伎役者や庶民まで、園芸好きで溢れた江戸の町を再現する「日本の花文化―殿様と江戸の庶民が育てた花文化」や、愛好家たちのこだわりのコレクションが一堂に会する「僕らのお宝ラン展」、世界の植物園で開催されるボタニカルアート展に参加する石川美枝子さんの作品展示など、多彩な角度から魅力あふれるランの世界を堪能できそうですね。
奇跡の星の植物館『淡路夢舞台ラン展FINAL―ランが伝える生きる力―』淡路市 [画像]

詳細情報

開催期間
2021年1月23日(土)~4月11日(日)
時間
10:00~18:00(最終入場17:30)
場所
淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」
(兵庫県淡路市夢舞台4)
GoogleMapで探す
入館料
大人1500円、70歳以上750円(生年月日のわかるもの提示要)
高校生以下無料
休館日
2021年3月19日(金)
問い合わせ
TEL 0799-74-1200

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:並木

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる