神戸ファッション美術館 特別展『こわくて、たのしいスイスの絵本展』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

神戸ファッション美術館 特別展『こわくて、たのしいスイスの絵本展』

懐かしくて不思議な絵本の世界へようこそ!

神戸ファッション美術館(神戸市東灘区)で1月30日より、特別展『特別展「こわくて、たのしいスイスの絵本展~クライドルフ、フィッシャー、ホフマンの世界~』が開催されます。
エルンスト・クライドルフ 絵本『花を棲みかに』より 小さな絵本美術館蔵 エルンスト・クライドルフ 絵本『花を棲みかに』より 小さな絵本美術館蔵 
スイスを代表する3人の巨匠を取り上げ、スイスの文化が息づく絵本を紹介する展覧会。アルプスの草花を擬人化した『花のメルヘン』をはじめ、数々の絵本を手がけ、ヨーロッパにおける絵本画家の先駆けとされるエルンスト・クライドルフ(1863-1956)や、『ブレーメンの音楽隊』や『こねこのぴっち』で人気のハンス・フィッシャー(1909-1958)。
ハンス・フィッシャー 絵本『こねこのぴっち』より 小さな絵本美術館蔵 ©ハンス・フィッシャーハンス・フィッシャー 絵本『こねこのぴっち』より 小さな絵本美術館蔵 ©ハンス・フィッシャー
そして、わが子へ贈るために手作りした『おおかみと七ひきのこやぎ』が日本でも愛されるフェリックス・ホフマン(1911-1975)。長野県にある「小さな絵本美術館」の協力のもと、貴重な原画やリトグラフなど約150点を一堂に紹介します。
フェリックス・ホフマン 絵本『おおかみと七ひきのこやぎ』より 小さな絵本美術館蔵 ©フェリックス・ホフマン<br />
フェリックス・ホフマン 絵本『おおかみと七ひきのこやぎ』より 小さな絵本美術館蔵 ©フェリックス・ホフマン

草花や風俗、独自の伝説などを通じ、スイスらしさをそれぞれに表現した彼らが手がけた絵本や挿絵には、楽しそうに見えていてもじつはこわい場面や、こわそうに見えていても楽しい場面が描かれています。おなじみのグリム童話やスイスの伝説をはじめ、同国の美しい風土、歴史、そして世界共通である親の愛情から生まれたスイス絵本の魅力、そのどこか怖くて楽しい世界へと誘います。

写真

詳細情報

期間
2021年1月30日(土)~3月28日(日)
※月曜休館
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で変更の場合あり
場所
神戸ファッション美術館
(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
GoogleMapで探す
時間
10:00〜18:00(最終入館17:30)
料金
一般 1,000円円
大学生・65歳以上 500円
高校生以下無料
※神戸市内在住の65歳以上の方は無料
※小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要
問い合わせ
TEL 078-858-0050

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる