白鹿記念酒造博物館『お酒の容器クロニクル(年代記)』西宮市

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

白鹿記念酒造博物館『お酒の容器クロニクル(年代記)』西宮市

時代の流れとともに移り変わる、お酒の容器の歴史

白鹿記念酒造博物館(西宮市)の酒資料室では、現代に至るまでのお酒の容器の歴史をテーマにした展覧会『お酒の容器クロニクル(年代記)』が開催されてます。
白鹿記念酒造博物館『お酒の容器クロニクル(年代記)』西宮市 [画像]
酒蔵でつくられた清酒を消費者のもとへ届けるため、江戸時代から現代まで容器にもさまざまな工夫がされてきました。本展では、江戸時代から現代まで用いられた、樽・瓶・紙パック・アルミ缶などのお酒の容器の歴史を、時代の流れとともに紹介。昭和後期頃からは、環境問題の意識も容器に大きな影響を与えています。
白鹿記念酒造博物館『お酒の容器クロニクル(年代記)』西宮市 [画像]
西宮神社の「十日えびす」に合わせた毎年恒例の堀内ゑびすコレクション展「withゑびす ‐くらしの中の福の神‐」も同時開催中。今回は生活に使う様々なものの中に取り入れられた、えびす神を代表とする福の神の姿が紹介されています。

詳細情報

期間
2020年12月9日(水)~2021年1月17日(日)
1月30日(土)~3月7日(日)

※堀内ゑびすコレクション展についてはこちらを確認
場所
白鹿記念酒造博物館
(西宮市鞍掛町8-21)
GoogleMapで探す
時間
10:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日
火曜日、12月29日(火)~1月3日(日)
※ 2月23日(火・祝)は開館、2月24日(水)休館

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる