廃校を利用した地域の拠点交流施設「芦田集学校」開校 丹波市

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

廃校を利用した地域の拠点交流施設「芦田集学校」開校 丹波市

不定期で開催される様々なイベントもお楽しみに

廃校となった丹波市の旧芦田小学校を改築した、「教育」がコンセプトの地域の拠点交流施設『芦田集学校』が1月17日より開校。
廃校を利用した地域の拠点交流施設「芦田集学校」開校 丹波市 [画像]
廃校の再利用を通じて、IT普及と地域活性化を目指す「おかえり集学校プロジェクト」を推進するリングロー株式会社が運営。長沢集学校(山形県)、長南集学校(千葉県)、谷口集学校(富山県)に続く4校目の開校となります。
廃校を利用した地域の拠点交流施設「芦田集学校」開校 丹波市 [画像]
集学校内には自由に使えるWi-Fi環境を設備。プログラミング教室を行う「まなぶ室」、パソコンやスマートフォンなどのIT機器の無料相談ができる「ミノリバ」、コワーキング・学習・作業スペースとして幅広い利用ができる「今日室 EN(きょうしつ えん)」などが用意されています。
※現在改修工事中につき、途中経過の写真※現在改修工事中につき、途中経過の写真
4月より仮開校して一部の事業活動がスタートしていますが、1月17日以降はITに関する様々な相談事をはじめ「楽しむ」「働く・くつろぐ」「学ぶ」を軸に、地域の方々が気軽に集まることができる「ヨリドコロ」を目指して運営されるとのことです。不定期で様々なイベントも行われます。

詳細情報

オープン
2021年1月17日(日)
施設
芦田集学校
(丹波市青垣町田井縄371)
GoogleMapで探す
問い合わせ
0795-78-9956

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる