街を、もっと楽しもうKiss PRESS

お気に入り一覧
記事検索
ルーレット
お出かけ先に迷ったら!

このイベントは終了しました。

上質な素材だけを使った大人のスイーツ

神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ

神戸御影(神戸市東灘区)に12月4日にオープンしたパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』に実際に行ってきました!
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
白を基調とした店内にウッドテイストのカウンターショーケースが配置されたおしゃれな店内には、パイがちょこんと可愛く並んでいます。
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
TOKINONEは、子どもたちの給食、地産地消にこだわったレストランの運営など食に関する事業を行う「ハートスフードクリエーツ株式会社」による新事業。日本ならではの季節の彩り、その時々の色・香り・味わいを“季節の瞬間”としてパイで表現し、熟練のパティシエが約72時間かけて焼き上げます。旬の素材を使用し、季節を感じられるラインナップで展開します。
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
こちらの商品は、フランス発祥のケーキ「シブースト」をアレンジした「Shizuku(しずく)」。カスタードとメレンゲを混ぜたクリームに、高級リキュールやブランデーで漬け込んだ果物を合わせた3種セットで販売されています。2月ごろまで(予定)は、熟成したカルヴァドス“オールダージュ”を使用した木樽の熟成香が漂う「りんご」、ラム酒の最高峰“ロンサカパ”を使った「ラズベリー」、オレンジのリキュール“コアントロー”がアクセントになった「ピスタチオ」がラインナップ。(賞味期限:当日)
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
バターや粉などを手ごねで作る、サクッと軽くキッシュのようなパイ生地。この断面からもわかる通り、小さなスイーツの中にシェフのこだわりがぎゅっと詰まっています。複雑に絡み合う素材の調和を楽しみながら味わう、大人のスイーツです。3つで1,300円と決してお安くはありませんが、上質な素材だけを使った贅沢スイーツ、ぜひ一度ご賞味ください。今後は、神戸市北区で栽培されているイチゴの品種・神戸ルージュなどのフレーバーが予定されているそうですよ!
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
そしてもう一つの商品は、折りたたんだパイ生地“フィユタージュ”と古畑シェフの名前を掛け合わせて名付けられたパイ「Fulutage(フルタージュ)」。フランス産の“イズニー”という香り高い発酵バターを使用し、多数の薄い層が重なったサクサク食感のパイです。こちらは1つ150円と気軽に購入できます。(賞味期限:購入から3日)
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
横から半分に割って食べると食べやすい!バターの豊かな風味とほんのり感じる甘み、素朴ながらも洗練された逸品です。
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
まずはそのままで、そして希少な日本蜜蜂から採れるはちみつや、りんごの自家製コンフィチュールをつけながら味わうのもおすすめです。コンフィチュールもその時々で変わるのでお楽しみに!現在開発中の京丹波栗、アップルコンポートも食べさせていただきましたが、素材本来の味わいがパイと相性抜群の美味しさでした。
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
きっと喜ばれること間違いなし!のギフト商品も用意されています。日本ならではの季節の彩りを大切にするという想いから四季をモチーフにしデザインされたパッケージも可愛いですね。
神戸御影のパイ専門店『TOKINONE~旬の音~』実食レポ [画像]
朝食やティータイムなど、毎日の時間に“ちょっと幸せなパイ時間”を取り入れてみませんか?

写真

詳細情報

場所
TOKINONE 御影本店
(神戸市東灘区御影石町4丁目15番15号)
GoogleMapで探す
※阪神 御影駅・石屋川駅から徒歩約10分
営業時間
11:00~17:00
定休日
不定休
TEL
078-821-1180

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる