映画『ミッドウェイ』Cinema KOBEで上映

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

このイベントは終了しました。

映画『ミッドウェイ』Cinema KOBEで上映

勝者も、敗者も、海に全てを捧げた。

『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、20年に及ぶリサーチを経て「日本の運命を変えた3日間」を鮮明に描いた『ミッドウェイ』が1月2日から8日まで、Cinema KOBE(神戸市兵庫区)で上映されます。
Midway ©2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.<br />
Midway ©2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.

未曾有の戦いとなった第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦。観客を魅了する一大スペクタクル映像の第一人者・ローランド・エメリッヒ監督が、長年のリサーチと新たに発見された日本軍側の貴重な資料をもとに、両軍に敬意を捧げて史実を再現しました。
映画『ミッドウェイ』Cinema KOBEで上映 [画像]
<ストーリー>1942年6月5日、ミッドウェイ海戦。真珠湾攻撃により優位に立った山本五十六(豊川悦司)率いる日本海軍と、劣勢の中、新たにアメリカ運指揮官となったニミッツ大将(ヴディ・ハレルソン)が繰り広げる壮絶な3日間の激戦。第二次世界大戦の、そして日本の運命を決した戦いには、両軍ともに、国を愛し、覚悟を持って戦った男たちがいた。司令官たちの緊迫した頭脳戦、パイロットたちの壮絶な空中戦、彼らを船上から迎え撃つ決死の海上戦…。何が、彼らの勝敗を分けたのか?

詳細情報

上映期間
2021年1月2日(土)~8日(金)
※上映時間はこちら
※映画『Fukushima 50』と2本立て上映
場所
Cinema KOBE
(神戸市兵庫区新開地6丁目2-20 リフレ神戸101)
GoogleMapで探す
作品
公開日:2020年9月11日(金)
出演:エド・スクライン、パトリック・ウィルソン、ルーク・エヴァンス、アーロン・エッカート、豊川悦司、浅野忠信、國村隼、マンディ・ムーア、デニス・クエイド、ウディ・ハレルソン
監督・製作:ローランド・エメリッヒ
脚本:ウェス・トゥーク
配給:キノフィルムズ、木下グループ
料金
一般 1,500円
女性・学生・シニア(60歳以上)1,100円
小中学生 800円
問い合わせ
Cinema KOBE
TEL 078-531-6607

この記事をシェア

お気に入り
Kiss PRESS メールマガジン

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる