竹中大工道具館『Philippe Weisbecker Inside Japan フィリップ・ワイズベッカーが見た日本』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

竹中大工道具館『Philippe Weisbecker Inside Japan フィリップ・ワイズベッカーが見た日本』

日本から持ち帰ったお気に入りの道具なども披露

日常の風景の中にある何気ないものを、独特な感性で描くフィリップ・ワイズベッカー氏。今回は彼が日本滞在中にみつけて描いた作品を紹介する展覧会『Philippe Weisbecker Inside Japan : Carpentry Tools, Architectures, DailyItems フィリップ・ワイズベッカーが見た日本―大工道具、たてもの、日常品』が、竹中大工道具館(神戸市中央区)で2月13日より開催されます。
竹中大工道具館『Philippe Weisbecker Inside Japan フィリップ・ワイズベッカーが見た日本』 [画像]
車留めや立ち入り禁止のために道路に置かれるバリア標識、トラックや建物、畳敷きの和室、ゴミ箱、日常の道具から大工道具に至るまで様々なモチーフが揃うほか、パリにあるアトリエを氏自ら案内する映像も用意。制作のノートをはじめ、日本から持ち帰ったお気に入りの道具なども展示されます。ワイズベッカー氏の目線で描いた、日本の姿をぜひご覧あれ。
(左)MEGURO-KU 目黒区 | 2020 ©︎宮本敏明<br />
(右)PET BOTTLES ONLY ペットボトル専用 | 2020 ©︎宮本敏明(左)MEGURO-KU 目黒区 | 2020 ©︎宮本敏明
(右)PET BOTTLES ONLY ペットボトル専用 | 2020 ©︎宮本敏明

また、4月10日にはワイズベッカーサイン会、4月11日にはワイズベッカー氏によるデッサンワークショップも開催予定。詳細、申し込みはこちらから。

詳細情報

期間
2021年2月13日(土)~5月9日(日)
※月曜定休(祝日の場合は翌日)
場所
竹中大工道具館
(神戸市中央区熊内町7-5-1)
GoogleMapで探す
時間
午前の部 9:30~12:00
午後の部 13:00~16:00
※入館料は各閉館30分前まで(当面の間、開館時間変更中)
料金
一般500円、大高生300円
65歳以上200円、中学生以下無料
※常設展観覧料を含む
問い合わせ
竹中大工道具館
TEL 078-242-0216

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる