兵庫県立美術館 特別展『開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション』

掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、ご利用の際は公式サイトや公式SNSで直接ご確認ください。

兵庫県立美術館 特別展『開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション』

兵庫県立近代美術館から現在にいたる50年間の収集

兵庫県立美術館(神戸市中央区)で12月5日より特別展『開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション』が開催されます。
吉原治良《黒地に赤い円》1965年 兵庫県立美術館吉原治良《黒地に赤い円》1965年 兵庫県立美術館
1970年の県立近代美術館の開館以来、長年にわたって築かれた同館の「具体」コレクションは、充実した点数、豊かな内容ともに、最も誇れるものの一つ。同展では、所蔵品の中から具体美術協会(具体、1954-1972)の作品を展示し、兵庫県立近代美術館から現在にいたる50年間の収集を視野に入れながら、ひとつのイメージに収斂しない多角的な「具体」像を考えます。
白髪富士子《作品》1960年 兵庫県立美術館(山村コレクション)白髪富士子《作品》1960年 兵庫県立美術館(山村コレクション)
具体美術協会は、戦後の日本美術を語る上で欠かせない“GUTAI”として、国際的にも高い評価を受けています。リーダーの吉原治良(よしはらじろう)さんは、現代の美術について「厳しい現代を生きぬいて行く人々の最も解放された自由の場」(「発刊に際して」機関誌『具体』1号、1955年)と記しています。戦後の復興期に立ち上がり、大阪万博の頃まで旺盛な活動を続けた具体、その強靭な精神は、今を生きる私たちにも力を与えてくれるのではないでしょうか。
山崎つる子《作品》1961年 兵庫県立美術館山崎つる子《作品》1961年 兵庫県立美術館

詳細情報

期間
2020年12月5日(土)~2021年2月7日(日)
※予約優先制
時間
10:00〜18:00
※入場は閉館の30分前まで
場所
兵庫県立美術館
(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1)
GoogleMapで探す
休館日
月曜日(ただし1月11日は開館し、翌12日は休館)
年末年始(12月28日~1月4日)
予約
詳細はこちら

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる