映画『さくら』

西加奈子原作。ありふれた家族のきれいごとじゃない物語

映画『さくら』

「サラバ!」で第152回直木賞を受賞した西加奈子による累計55万部突破のベストセラー小説を映画化した『さくら』が11月13日より公開されます。
©︎西加奈子/小学館 ©︎2020 「さくら」製作委員会
ごく普通の家族と、いつも家族に寄り添う愛犬のさくら。5人と1匹の家族が、残酷な運命に翻弄されながらも強く生きていく姿をやさしいユーモアを交えて描いた希望に満ちた物語です。長谷川家の3人兄弟妹は北村匠海、小松菜奈、吉沢亮という人気・実力を兼ね備えた若手俳優陣が演じます。

<ストーリー>2年前から音信不通だった父から「年末、家に帰ります」と綴られた手紙を受け取った長谷川家の次男・薫(北村匠海)は、その年の暮れに実家へと向かった。母のつぼみ(寺島しのぶ)、父の昭夫(永瀬正敏)、妹の美貴(小松菜奈)、愛犬のサクラと久々に再会するが、そこに兄の一(ハジメ/吉沢亮)の姿はなかった。薫にとって幼い頃からヒーローのような憧れの存在だったハジメは、2年前のあの日、亡くなった。そしてハジメの死をきっかけに家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだ。その灯火を繋ぎ止めるかのように、薫は幼い頃の記憶を回想する。それは、妹の誕生、サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋…長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々、喜怒哀楽の詰まった忘れたくない日々。やがて、壊れかけた家族をもう一度つなぐ奇跡のような出来事が、大晦日に訪れようとしていた─。

詳細情報

公開日
2020年11月13日(金)
原作
西 加奈子「さくら」 (小学館刊)
監督
矢崎仁司
脚本
朝西真砂
出演
北村匠海、小松菜奈、吉沢亮 ほか
配給
松竹
劇場(兵庫)
神戸国際松竹
OSシネマズ神戸ハーバーランド
MOVIXあまがさき
アースシネマズ姫路
TOHOシネマズ西宮OS

この記事をシェア

お気に入り

Kiss PRESS編集部:木下

続きを読む

おでかけルーレット

スタート!
ストップ!
もう一回

条件に合うおでかけ情報が
見つかりませんでした

条件をかえる
とじる